日ハム、9回に有原→増井も逆転被弾 栗山監督「こっちの責任。申し訳ない」

日ハム、9回に有原→増井も逆転被弾 栗山監督「こっちの責任。申し訳ない」

日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】

守護神が痛恨被弾で逆転負け、有原は「最後まで行かせてあげたかった」

 日本ハムは14日、本拠地でのロッテ戦に4-6で敗れた。先発の有原が8回まで3失点に抑える力投。しかし、完投を目指してマウンドに上がった9回に走者2人を出して降板となると、守護神・増井が2死から加藤に痛恨の逆転3ランを浴びた。打線は好調の横尾が1打点を挙げるなど着実に加点したが、逃げ切れず。栗山監督は試合後に「こっちの責任なので、申し訳ない」と振り返った。

――有原投手の粘りの投球についてどう評価するか。

「よく粘ってあそこまで行っていたので、球数的にも最後まで行かせてあげたかったんですが…」

――9回はどんな思いでマウンドに送り出したか。

「普通に終わってくれると思って、送り出しました」

――ゲームの途中では打たせて取るテンポの良さであったり、終盤にも150キロオーバーの有原投手らしい投球が戻ってきたように見えた。

「戻ってきているんですが、本人もまだまだ納得いかない部分もあるだろうし、今日に関しては本当に勝たせてあげたかった。こっちの責任なので、申し訳ないと思います」

――打線は初回からセンター方向へつなぐチームバッティングが見られた。

「意識としてはいいですけど、勝つためにやっているので」

――ここのところ苦しんでいるように見えた大田選手が2本のタイムリーを打った。

「状態というよりも、相手の攻め方に対する対応の仕方、何とかしようする気持ちが上回っていた」

――また打点を挙げた横尾選手について。

「本当によく頑張っていると思います」

――明後日からまた札幌ドームで試合がある。意気込みを。

「残り試合も少なくなっている中で、何か残さなければいけないので、しっかりやります」(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)