イチローの来季現役続行に敵地メディアが太鼓判 代打打率.292は「桁外れ」

イチローの来季現役続行に敵地メディアが太鼓判 代打打率.292は「桁外れ」

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

今季で契約満了となるイチロー、来季契約へ「そうならない理由が見えません」

 マーリンズのイチロー外野手は14日(日本時間15日)、敵地でのフィリーズ戦に「2番・中堅」で先発出場し、メジャー史上最年長中堅スタメン記録を更新(43歳327日)した。3打数2安打1四球で8月9日のナショナルズ戦以来となるマルチ安打を記録。今季限りで契約が満了となるイチローについて、マーリンズ側は1年間の延長オプションを保有しているが、その健在ぶりから敵地メディアは「来季メジャーに戻らない理由がない」と称賛している。試合は0-10でマーリンズが完敗した。

 初回1死走者なしの場面でイチローが出番を迎えると、敵地フィラデルフィアで試合を中継しているテレビ局「CSN」の実況は「これがマーリンズでの最後の先発になるかもしれません」と静かに語った。

 今季、マーリンズはメジャートップ54本塁打のスタントンに加え、オズナ、イエリッチが好調で故障のないシーズンを過ごしているために、イチローの先発出場はこのゲームを含めて19試合にとどまっている。しかし、今季限りでの退団の可能性を示唆した実況の言葉とは裏腹に、背番号51がレフト前に華麗なヒットを放った。

 実況が「3074本目のキャリアヒットです。マーリンズは2018年のオプションを保有しています」と語ると、解説を務める元捕手のベン・デービス氏は、2002年から04年途中までマリナーズで共闘したかつてのチームメートの来季MLBでの現役続行に太鼓判を押した。

「まさに怪物」、専門家が絶賛する「ハンド・アイ・コーディネーション」

「彼は来年も戻ってきたいと言っていました。私にはそうならない理由が見えません。代打で打率.292ですか? これは桁外れですよ」

 イチローは今季、先発出場が減少する一方、代打の切り札として大活躍。両リーグトップの代打安打26本で球団記録を更新し、ジョン・バンダーウォールが1995年に打ち立てた28本のメジャー記録に2本と迫っている。”代打の神様”としても、来季メジャーで活躍できるとデービス氏は語っていた。

 イチローは9点を追う7回にはライト線を破る鮮やかな二塁打。ここでは「本当にアメージングですよ。身体の動きとは全く別の方向に(バットを)動かしながら、ライト線にヒットを放つのです。あのハンド・アイ・コーディネーションはまさに怪物です。いつものことですが」と独特の打撃技術を絶賛したデービス氏。10月に44歳の誕生日を迎えるメジャー最年長野手の、手の動作と視覚の連動性を意味する「ハンド・アイ・コーディネーション」の高さは”モンスター級”だという。

 打率も.263に浮上したイチロー。これでメジャー通算3075安打とし、歴代21位のキャップ・アンソン(3081本)まで残り6本とした。その健在ぶりに、敵地メディアすらも来季メジャー18年目の躍動を確信していた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)