2季ぶりVホークス工藤監督、6点リードで鉄壁リリーフ陣を投入した理由とは

2季ぶりVホークス工藤監督、6点リードで鉄壁リリーフ陣を投入した理由とは

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

東浜が6回2安打1失点の快投「今日に関しては最高の賛辞を送りたい」

 ソフトバンクが2年ぶりのリーグ優勝を決めた。優勝マジックを1として敵地に乗り込んできた16日の西武戦(メットライフ)。2回に先制されるも、柳田が逆転2ランを放つなど、打線が試合をひっくり返して7-3で快勝。2015年の記録を塗り替え、パ・リーグ史上最速での優勝となった。

 試合後のグラウンドで、7度、選手たちの手で宙を舞った工藤公康監督。優勝監督インタビューでは涙を浮かべ、言葉を詰まらせた。試合後に、長く厳しい戦いだったシーズンを「僕にとってこの1年は長かった。選手達がよくやってくれたおかげですし、コーチ陣の人たちにも感謝したいし、選手を支えてくれたスタッフもそう。よくやってくれたと思います」と振り返った。

 2回に先発の東浜が山川にソロを浴びて1点を奪われたが、4回に柳田の30号2ランで逆転。5回には今宮、柳田、デスパイネに適時打が出て、一挙4点を加えた。7回にはデスパイネに3戦連発となる33号ソロが出て、トドメを刺した。

 先発の東浜は、西武打線を山川のソロ1点のみに封じ、優勝のプレッシャーがかかる試合で、6回まで2安打1失点と、文句のつけようのない好投を見せた。4回2死からは5者連続三振を奪い、プロ入り最速となる151キロも計時。ハーラー単独トップの16勝目を挙げた右腕を、工藤監督は「今までにないくらいに気合いが入っていて、球も走っていた。本当にこんな大事な試合であんなピッチングができるというのは素晴らしい。今日に関しては最高の賛辞を送りたい」と称賛した。

 6点のリードを奪いながらも、7回から今季チームを支えてきた鉄壁のリリーフ陣を投入した。9回にサファテが2点を失ったが、大勢に影響はなし。最後は代打メヒアを三ゴロに打ち取って優勝。大量リードの中でも勝利の方程式を送り込んだ理由について、指揮官は「本当に、お礼の意味を込めて、今日は投げさせたいと思っていました。彼らがいなかったら、どうなっていたか、分からないくらい8、9月は厳しい戦いがいっぱいあった」と語った。

 大逆転で日本ハムに優勝を奪われてから1年。工藤監督は「今は正直ホッとしています。リーグ優勝が出来ず、クライマックスで負けてから1年弱。この日を思ってやってきました」と語った。あれから1年。胸にあった悔しさ、雪辱を、工藤監督も晴らすことができた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)