成長見せるハム21歳捕手、リードと打撃でアピール「今が本当にチャンス」

成長見せるハム21歳捕手、リードと打撃でアピール「今が本当にチャンス」

日本ハム・清水優心【写真:石川加奈子】

2軍でコンビを組んだ高梨とお立ち台の清水「本当にうれしい」

 日本ハムの清水優心捕手が16日、本拠地でのオリックス戦で決勝適時二塁打を放った。守っても先発の高梨裕稔投手を好リード。高卒3年目捕手が6-3の勝利に貢献した。

 同点で迎えた6回2死一、二塁だった。変化球狙いで打席に立った清水が、初球チャンジアップを思い切り引っ張ると、打球は左翼線へ。「何とか入ってくれ! 切れるな!」という祈りが通じた。打球はライン内側に残り、2者が生還して勝ち越し。「『やったぞ』と思いました。高梨さんに何とか勝ちをつけたいと思って打ちました。入ってくれて良かったです」と胸を張った。

 リードでも序盤不安定だった高梨を引っ張った。「(3回の)3点だけだったので、何とか我慢して、6回、7回まで投げさせられたのは良かったです」。高梨とは一昨年はイースタン・リーグで数多くバッテリーを組んだ仲。初めて上がる2人揃ってのお立ち台では「ファームで1年間、嫌なほどバッテリーを組ませてもらったので、今日札幌ドームで勝てて本当にうれしいです」と声を弾ませた。

 昨季は1軍出場わずか5試合だったが、開幕1軍を果たした今季はすでに48試合に出場。夏場はファームで過ごしたが、今月1日の再昇格後は先発出場機会が増えている。「今が本当にチャンス。ラストチャンスのつもりでやらないと。来年もうチャンスがないと思って、しっかりアピールしたいです」と必死だ。

 まずは勝てる捕手として信頼を得ること、さらに打撃でもアピールするつもりだ。「先発を勝たせるのが仕事なので、そこは最低限。勝てても、打たないとしんどいので、打って残っていきたいです」。九州国際大付時代に35本塁打を放った21歳の大型捕手が、頭角を現し始めた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)