井口資仁を支えた出会い、そして今後…「いずれメジャーの監督もやりたい」

井口資仁を支えた出会い、そして今後…「いずれメジャーの監督もやりたい」

今季限りでの現役引退を発表しているロッテ・井口資仁【写真:藤浦一都】

大学時代は小久保氏、プロ入り後は秋山氏を目標にプレー

 今季限りでの現役引退を発表しているロッテ井口資仁内野手。9月24日に控えた引退試合を前に、2軍の浦和球場で最終調整を行っている。日米両国で過ごした21年に及ぶ現役生活では、3度の日本シリーズ優勝とワールドシリーズ優勝を経験。個人としても、日米通算2000本安打、NPB通算250本塁打という輝かしい記録を作った。

 子供の頃から考えると、野球とは優に30年を超える付き合いになる。この間、野球を通じてさまざまな出会いがあった。「挙げ始めたらいっぱいある」というカギとなった出会いだが、「プロに入る前だったら小久保(裕紀)さん、プロに入ってからは王(貞治)会長と秋山(幸二)さんかな」と話す。

 2009年秋から今年の第4回WBC終了まで、3年半にわたり侍ジャパンを率いた小久保氏は、青山学院大野球部に入った時のキャプテンだった。プロ入り後はともにダイエーでプレーする縁もあった。

「大学で小久保さんに出会ったのは、僕の中で非常に刺激になった。どのくらいできればプロに行けるんだっていう物差しが、自分の中である程度分かったというか。野球に対する取り組み方もすごかった。あの人を見て、それで過ごせた大学の4年間は大きかったですね」

 大学2年の秋には東都大学野球史上唯一の3冠王に輝き、4年の時は日本代表としてアトランタ五輪に出場。東都大学リーグで記録した通算24本塁打は、今でも破られていない最多記録だ。

 ダイエーに1996年ドラフト1位で指名され、満を持して飛び込んだプロの世界。ここでは王会長と秋山氏に出会った。

「王会長も秋山さんも、素晴らしい人間性の持ち主。30本塁打30盗塁を目指していた僕にとって、40本塁打40盗塁をできる秋山さんは、非常に憧れる存在でしたね。ホームランを打てて、走れて、理想でした。若い時は、とにかく秋山さんに引っ付いていた(笑)。週に何回も飯に連れていってもらいましたよ。

 秋山さんって、文字通り背中で物を語って、口では多くを言わないタイプ。でも、たまにボソッと言ってくれる一言が響くんですよ。見ていて『この人みたいになりたいな』って素直に思いましたね。自分が目指す姿でした。

 僕が子供の頃は西武の全盛期。小さい頃から見ていた選手って、たまに『え、この人こんな人だったの?』っていうのもあったけど(笑)、その中で秋山さんは予想を遙かに超える人でした」

王会長に言われた言葉「今まで自分のやってきたことを伝えなくちゃいけない」

 入団当時、ダイエーの監督を務めていた王会長は、言わずもがなの“世界の本塁打王”。「打撃でタイミングの取り方だったり、根本的なところを教えてくれた」と同時に、何よりもその人間性に惹かれた。

「あれだけの人物だから、もっと偉そうにしてもおかしくないのに、すごく謙虚な方。こう言ったら失礼だけど、本当に普通で、ざっくばらんにいろいろなことを話してくれる。

 この前、王会長に言われたんですよ。『俺は22年現役をやったけど、終わってから37年経っている。今まで自分のやってきたことを伝えなくちゃいけない。それがお前たちの使命だから』って。それは自分でも感じていたことだから『そうですね、その通りです』って言うしかなかったですね」

 やはり誰もが気になるのは、引退後の去就だろう。ロッテを5年間率いた伊東勤監督は、今季限りでの退任が決まっている。その後任候補として井口の名前も挙がっているが、もちろん、ゆくゆくは監督として指揮を揮いたい気持ちはある。

「やっぱり40歳を迎える頃から、自分の引き際も含め、どういう風に野球に関わっていくのかなって考えるようになった。離れてみるのもいいし、現場の今を知っておくために、そのままいた方がいいかもしれない。何がいいんだろうって。

 ユニホームを着ているのが一番いいことだし、何らかの形で絶対野球には関わる。アメリカでコーチをやってみたいし、いずれはメジャーの監督もやりたいと思っているから。日本で監督をするにしても、海外でコーチ経験があることは、間違いなくプラスになるでしょ。

 オファーをいただけば、いろいろ考えなくちゃいけないし、断るっていう選択肢もある。幅広い選択肢は、ここまでやってきたから持てるもの。いろいろなことにチャレンジできると思うんですよね」

理想の監督像はギーエン監督「コミュニケーション能力がすごい」

 将来的な監督就任への思いは包み隠さないが、果たしてどんな監督を目指すのだろう。日米合わせて5球団でプレーし、数々の監督の下でプレーしてきた中で、今、一番理想だと思うのは、ホワイトソックス時代の恩師、オジー・ギーエン監督だという。

「何がすごいって、コミュニケーション能力がすごい。やっぱり、選手をうまく使うのってコミュニケーションじゃないですか。そこが彼は長けている。アホみたいなことも言うけど(笑)、ちゃんと選手を褒めるし、ダメな時は怒ってくれる。選手のロッカーまで来て、選手と同じ目線でいろいろなことを見て、野球だけじゃなくて家族だったりプライベートなことまで会話してくれる。

 そういうのは、今の時代、日本には一番必要なことかなって思いますね。『俺が監督だ』って態度で接するのは、ちょっと違うと思う。上からガンガン言うわけでもないし、選手を信じて任せてくれたり。そういうところは理想ですよね」

 グラウンドで戦う選手の立場で考えられるか。それは監督だけではなく「フロントも同じだと思う」と話す。

「ダイエーの時、当時の中内正オーナーがいつも言っていたことがある。チームには3本のラインがあって、絶対に交わることはないけど、少しでも近くならないと優勝できないんだって。つまり、フロントやオーナー、監督やコーチ、選手、この3者が一体になるって意味だと思うんですよ。いろいろな球団でプレーしてみて、やっぱりあの言葉はすごいなって。中内オーナーはすごく選手に声を掛けてくれた。そういう球団作りをしていかなくちゃいけないんじゃないか。そう思うとGMもやってみたいな、とか(笑)」

 やりたいこと、できるかもしれないことを挙げ始めたら、とてもじゃないが、1人の人間の一生では実現しきれない数に及びそうだ。「本音は1年休んで、ゴルフとかしたいんだけど」と冗談めかすが、もし来年ユニホームを着ない選択肢を取ったとしても、近い将来、指導者としての一歩を踏み出すことは間違いない。それが、いつ、どこでなのか。それだけは、井口本人もまだ知らないようだ。(佐藤直子 / Naoko Sato)

関連記事(外部サイト)