9月は広島が勝率8割、松山が本塁打&打点の2冠 投手では巨人菅野が突出

9月は広島が勝率8割、松山が本塁打&打点の2冠 投手では巨人菅野が突出

広島・松山竜平【写真:荒川祐史】

松山は鈴木の代わりに4番に座り絶好調、阪神糸井は安打&盗塁の2つでトップ

 セ・リーグはDeNAと巨人のデッドヒートが続いている。優勝を決めた広島が絶好調だ。

【セ・リーグ 9月(9/1-9/30)】

広島(20試16勝4敗0分、勝率.800)
巨人(23試12勝9敗2分、勝率.571)
DeNA(22試10勝11敗1分、勝率.476)
阪神(22試9勝10敗3分、勝率.474)
中日(18試8勝10敗0分、勝率4.44)
ヤクルト(21試5勝16敗0分、勝率.238)

 広島が9月は勝率8割、巨人も3つ勝ち越したが、他の4球団は負け越し。巨人とDeNAの差は9月30日時点で0.5差となっている。

【打者5傑】

○安打
1糸井嘉男(神)30
2松山竜平(広)29
3マギー(巨)28
4上本博紀(神)27
4ロペス(De)27

○本塁打
1松山竜平(広)5
2山田哲人(ヤ)4
2福田永将(中)4
2筒香嘉智(De)4
2中谷将大(神)4

○打点
1松山竜平(広)23
2福留孝介(神)16
3山田哲人(ヤ)14
4マギー(巨)12
4中谷将大(神)12
4バレンティン(ヤ)12

○盗塁
1糸井嘉男(神)6
1梶谷隆幸(De)6
3田中広輔(広)5
3山崎晃大朗(ヤ)5
5野間峻祥(広)4

○打率(規定打席以上)
1上本博紀(神).435
2松山竜平(広).426
3糸井嘉男(神).319
4宮崎敏郎(De).317
5ゲレーロ(中).316

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1松山竜平(広)20.72
2上本博紀(神)17.96
3糸井嘉男(神)17.22
4山田哲人(ヤ)16.80
5マギー(巨)16.02

 広島の松山は、鈴木誠也の代わりに4番に座ってから絶好調、安打2位、本塁打、打点の2冠。阪神糸井は最多安打と最多盗塁。

投手は…

【投手5傑】

○勝利
1菅野智之(巨)4
2九里亜蓮(広)3
2ウィーランド(De)3
2薮田和樹(広)3
2勝10人

○セーブ
1中崎翔太(広)8
2カミネロ(巨)6
3山崎康晃(De)5
4ルーキ(ヤ)3
4田島慎二(中)3

○ホールド
1パットン(De)8
2藤川球児(神)6
2今村猛(広)6
4一岡竜司(広)5
4桑原謙太朗(神)5
4三上朋也(De)5
4高橋聡文(神)5
4ジャクソン(広)5

○奪三振
1マイコラス(巨)37
2菅野智之(巨)26
2小笠原慎之介(中)26
4ウィーランド(De)23
4原樹理(ヤ)23

○防御率(規定投球回数以上)
1菅野智之(巨)0.47
2石田健大(De)0.77
3ウィーランド(De)1.00
4マイコラス(巨)1.83
5笠原祥太郎(中)1.88

○PR(Pitching Run)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出

1菅野智之(巨)107.02
2ウィーランド(De)61.83
3石田健大(De)58.77
4マイコラス(巨) 49.96
5薮田和樹(広)40.31

 リーグ防御率は3.29。先発投手の成績上位には、巨人とDeNAの投手が並んでいる。菅野は5先発2完投1完封の4勝、38回で自責点2と傑出した成績。DeNAウィーランドは4試合27回で1完封含む3勝。救援では広島、中崎が8セーブを挙げた。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)