【MLB】田中将大、5回途中6失点降板で今季初勝利ならず 筒香との対戦は遊ゴロ&右飛

【MLB】田中将大、5回途中6失点降板で今季初勝利ならず 筒香との対戦は遊ゴロ&右飛

本拠地でのレイズ戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:AP】

史上初の日本人投手3人の先発同日勝利もならず

■ヤンキース – レイズ(日本時間19日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は18日(日本時間19日)、今季初勝利をかけて本拠地のレイズ戦で先発登板した。3回に大量4点を失って5回途中で降板し、今季4度目の先発でも今季初勝利を手にすることはできなかった。

 筒香嘉智外野手が所属するレイズと今季2度目の対戦となった田中。初回、2回と無失点に封じてまずまずの立ち上がりを見せた。3回の先頭打者として打席に立った筒香も遊ゴロに仕留めた。だが、続くキアマイアーに三塁打を許すと、ペレスに中前適時打を浴びて先制点を奪われた。

 さらにメドウズにも中前安打を許すと、ロウには中越えの3ランを被弾。この回一気に4点を失った。4回には1死一塁で筒香と2度目の対戦。ここも右飛に打ち取ったが、キアマイアーに二塁打を許して二、三塁となると、パスボールで5点目を献上した。

 5回には先頭のメドウズに中越えのソロ本塁打を浴びて6点目を失い、ここで降板。5回途中8安打6失点で今季初勝利はならず。筒香との対戦は2打数無安打だった。この日は田中将大のほか、ツインズの前田健太投手、カブスのダルビッシュ有投手も先発。日本人投手が3人先発し勝利すれば史上初だったが、快挙はならなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)