一塁から単打1本で生還… ロッテ和田の“神走塁”にファン「半端ないって!」

一塁から単打1本で生還… ロッテ和田の“神走塁”にファン「半端ないって!」

一塁からホームに生還したロッテ・和田康士朗【画像:パーソル パリーグTV】

「1番・中堅」で先発出場、四球で出塁すると続く中村奨の4球目でスタートを切った

■ロッテ – ソフトバンク(19日・ZOZOマリン)

 ロッテの和田康士朗外野手が一塁から単打1本で生還する驚異的な走塁を見せた。19日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われたソフトバンク戦。「1番・中堅」で先発出場した和田は初回、四球で出塁すると、続く中村奨の4球目でスタートを切った。

 これがランエンドヒットとなり、中村奨の打球はベースカバーに入ろうとした二塁手・周東の逆を突いて右中間へ。打球が抜けたのを見た和田は二塁を蹴って一気に加速、中堅の柳田がボールを中継に返球すると、三塁も蹴って本塁送球よりも一足早くヘッドスライディングでホームに生還した。

「パーソル パ・リーグTV」がこの動画を公開すると、驚異的なスピードの好走塁にファンも驚愕。「和田くん半端ないって!あいつ半端ないって!ただのシングルヒットで一塁から帰ってくるもん。そんなん出来ひんやん。普通。」「マジであれは頭おかしい 盗塁しようとしてたとはいえ普通帰るような飛距離じゃないわ」と称賛の声が上がっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)