広島の松山がMVP級の貢献度…データで見るペナントレース終盤戦【セ編】

広島の松山がMVP級の貢献度…データで見るペナントレース終盤戦【セ編】

広島・松山竜平【写真:編集部】

松山は8月以降の首位打者と打点王の2冠

 セ・リーグのペナントレースは、10日に阪神VS中日の1試合を残すのみ。8月以降はどのチーム、どの選手が活躍したのか。8月以降に限った成績を、セ・リーグでも見ていきたい。

○セ・リーグ 8月以降の各チームの勝敗

広島(48試28勝18敗2分、勝率.609)
阪神(51試28勝19敗4分、勝率.596)
巨人(50試28勝20敗2分、勝率.583)
DeNA(50試26勝22敗2分、勝率.542)
中日(46試19勝25敗2分、勝率.432)
ヤクルト(49試12勝37敗0分、勝率.245)

 パ・リーグのソフトバンクと同様、広島は前半から引き続き好調を維持。これを急追したのが阪神だった。

 巨人は8月以降に限ればDeNAより勝率が高かったが、それまでの貯金の差で4位に終わった。結果的に、6月の球団ワースト13連敗が響いたと言えよう。

 ヤクルトは、3割にも遠く届かない勝率。球団最多96敗も記録したのも、やむを得ない。

○8月以降の打率10傑

松山竜平(広)143打数50安打 8本38点0盗 率.350
糸井嘉男(神)152打数51安打 9本20点11盗 率.336
マギー(巨)196打数64安打 7本31点0盗 率.327
宮崎敏郎(De)188打数57安打 7本22点0盗 率.303
鳥谷敬(神)182打数55安打 2本13点1盗 率.302
坂口智隆(ヤ)189打数56安打 1本9点0盗 率.296
山田哲人(ヤ)176打数52安打 8本27点2盗 率.2955
上本博紀(神)129打数38安打 4本13点5盗 率.2946
丸佳浩(広)184打数53安打 6本24点3盗 率.288
阿部慎之助(巨)178打数51安打 4本30点0盗 率.287

 広島は足を負傷した鈴木誠也に代わり、4番に座った松山竜平が8月以降は首位打者の活躍を見せた。松山は阪神の福留とともに38打点で打点王にもなり、期待を上回る働きを見せたと言えそうだ。

 最多安打は巨人マギーの64安打、最多本塁打はDeNA筒香と中日福田永将の13本、最多盗塁は15盗塁で広島の田中広輔だった。

 中日の福田は以前から好素材として期待が高かったが、その真価を8月以降になってようやく発揮した形だ。

8月以降に活躍したセ・リーグ投手は…

○8月以降の先発投手勝ち星5傑

菅野智之(巨)8戦6勝1敗 60.2回 53K 防御率0.74
薮田和樹(広)8戦6勝1敗 57回 43K 防御率2.37
マイコラス(巨)10戦6勝3敗 56.1回 81K 防御率1.64
ウィーランド(De)10戦5勝0敗 61回 52K 防御率3.69
畠世周(巨)10戦5勝3敗 55.2回 50K 防御率2.29

 巨人は菅野とマイコラスが6勝、畠が5勝、田口麗斗も4勝を飾り、内容も素晴らしい投球を見せた。4本柱で21勝したが、それでも4位に終わったのは、後続の投手に難があったということになる。

 広島は、8月以降に限れば薮田がエースだった。

○8月以降のセーブ数5傑

ドリス(神)25戦12S2H 26.1回 37K 防御率2.73
カミネロ(巨)19戦10S2H 22回 22K 防御率1.64
中崎翔太(広)29戦9S11H 28回 20K 防御率1.61
山崎康晃(De)22戦9S4H 22回 31K 防御率1.23
田島慎二(中)16戦9S2H 16回 12K 防御率2.7

 ドリスが12セーブで1位、カミネロが2位だった。今季は途中からセットアッパーになり、またクローザーに復帰したDeNA山崎は、9セーブながら防御率1.23の好成績だった。

○8月以降のホールド数5傑

桑原謙太朗(神)25戦0S15H 23.1回 17K 防御率2.7
一岡竜司(広)25戦0S13H 25回 22K 防御率1.80
パットン(De)23戦0S13H 22.2回 20K 防御率0.79
マテオ(神)23戦0S12H 21.2回 25K 防御率2.91
中崎翔太(広)29戦9S11H 28回 20K 防御率1.61
又吉克樹(中)22戦0S11H 26.2回 30K 防御率1.35

 阪神の桑原が15ホールドで1位、DeNAのパットンは13ホールドだが、この間は22.2回を投げて自責点2と抜群の活躍だった。巨人はマシソンが6ホールドで防御率3.20、西村健太朗も6ホールドで防御率4.50と安定せず。セットアッパーの差がポストシーズン進出の明暗を分けたようだ。

 広島の松山は規定打席に56打席足りない387打席に終わったが、通算打率でも.326をマークした。後半戦に限ればMVPだと言ってよいだろう。

 後半戦に活躍した選手は、この感覚を上手に来季につなげ、開幕からスタートダッシュを切ってほしいものだ。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)