ヤンキース、チャップマンの頭部への162kmで遺恨 田中将大の死球が発端との指摘も

記事まとめ

  • ヤンキースの田中将大投手が2日の本拠地でのレイズ戦で、今季初勝利をマークした
  • 9回レイズの攻撃で、チャップマンの投げた球がブロソー頭部付近へと飛び、間一髪回避
  • 一触即発の事態となり、初回に田中の与えた死球が事の発端にあったとの見方も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております