鷹、川村隆史3軍コンディショニング担当が急死 遠征先でくも膜下出血で倒れる

ソフトバンクの川村隆史3軍コンディショニング担当が遠征先で急死 1992年に入団

記事まとめ

  • ソフトバンクは、川村隆史3軍コンディショニング担当がくも膜下出血で急逝したと発表
  • 阪神2軍との練習試合のため、神戸市内に遠征中で、遠征先で亡くなった
  • 川村コンディショニング担当は、29年間、選手のコンディショニングを担当してきた

鷹、川村隆史3軍コンディショニング担当が急死 遠征先でくも膜下出血で倒れる

鷹、川村隆史3軍コンディショニング担当が急死 遠征先でくも膜下出血で倒れる

ソフトバンクは16日、川村隆史3軍コンディショニング担当がくも膜下出血で急死したと発表した。

ソフトバンクの3軍は阪神との練習試合のため神戸市内に遠征中だった

 ソフトバンクは16日、川村隆史3軍コンディショニング担当がこの日、くも膜下出血で急逝したと発表した。55歳だった。

 ソフトバンクの3軍は阪神2軍との練習試合のため、この日まで神戸市内に遠征中だった。川村コンディショニング担当も、この遠征に同行していたが、遠征先で亡くなった。

 川村コンディショニング担当は1992年にトレーナとして入団し、1996年からはコンディショニングコーチに。その後もホークスに携わり続け、29年間、選手のコンディショニングを担当してその明るいキャラクターから選手、スタッフらに愛される存在だった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)