【日本S】ソフトB、本拠地連勝で2勝0敗 7回に逆転、リプレー検証で判定覆り決勝点

日本S ソフトB連勝で2勝0敗

終盤に2点差逆転、中村晃の適時打で今宮が本塁突入→アウト判定が覆る

 ソフトバンクが逆転勝利で連勝を飾った。29日、ヤフオクドームでのDeNAとの日本シリーズ第2戦。初回に幸先よく先制点を奪取。6回に自慢のリリーフ陣で逆転を許したものの、7回に打線が繋がり、リプレー検証で判定が覆った末に決勝点を挙げた。4-3で勝利して2勝0敗とし、日本一に向けて優位な状況を作り出した。

 パ・リーグ王者の勝負強さが際立った。2点のビハインドとなって迎えた7回だった。この回先頭の代打・明石が、三上から左中間を破る二塁打を放つと、柳田が3番手・砂田から中前適時打を放って1点差。さらに今宮の二ゴロで柴田からの送球を倉本が落とす失策。内川の四球で満塁とすると、中村晃が右前適時打を放った。

 三塁走者の柳田が本塁に還り、二塁走者の今宮も本塁へと突入。ヘッドスライディングで突っ込んだところに、捕手の戸柱がタッチし、主審の判定はアウトだった。際どいタイミングに、工藤公康監督がベンチを飛び出して、リプレー検証を要求。審判団がリプレー検証を行った末に、なんと判定は覆り、セーフに。逆転の4点目が転がり込んだ。

 リードを奪えば、ソフトバンクにとってお手の物。8回はモイネロが梶谷、ロペス、筒香を3者凡退に切ってとり、無失点。9回は、当然のごとく守護神サファテがマウンドに上がり、安定の無失点投球。劇的な形でひっくり返したゲームをきっちりとモノにしたソフトバンクが、日本一にまた1歩前進した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)