【日本S】ソフトB、リプレー検証で判定覆り決勝点 工藤監督「セーフになると信じてた」

【日本S】ソフトB、リプレー検証で判定覆り決勝点 工藤監督「セーフになると信じてた」

ソフトB リプレー検証で逆転

【日本S】ソフトB、リプレー検証で判定覆り決勝点 工藤監督「セーフになると信じてた」

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

本拠地2連勝で日本一へ前進「本当に最高の形が作れて嬉しい」

 ソフトバンクが劇的な逆転勝ちで、連勝スタートを飾った。29日、ヤフオクドームで行われたDeNAとの日本シリーズ第2戦。一度は逆転を許したものの、7回に再び逆転。アウトの判定がくだった今宮の生還がリプレー検証の末に覆ってセーフとなり、これが決勝点に。本拠地での2試合で2勝とし、日本一に前進した工藤公康監督は「本当に2連勝という最高の形が作れて嬉しく思います」と表情を緩めた。

 初回にデスパイネの適時打で幸先よく先制点を奪った。6回に東浜、そして中継ぎの森が本塁打を浴びて3点を失い、逆転を許したが、ドラマは7回に待っていた。

 この回、先頭の代打・明石が左中間を破る二塁打を放ち、城所の犠打で三塁へ。柳田が中前適時打を放って1点差に迫ると、今宮の二ゴロで送球を受けた遊撃・倉本が落球する痛恨の失策。内川の四球で満塁として、中村晃が右前へとはじき返した。

 三塁走者の柳田が生還し、同点。さらに二塁走者の今宮も本塁へとヘッドスライディングで突入した。捕手・戸柱も懸命にタッチにいき、クロスプレーは際どいタイミングに。球審の判定はアウトだったものの、工藤公康監督がベンチを飛び出してリプレー検証を要求した。

リプレー検証は「今宮くんの手が先に入ったように見えた」

「私は信じていた。微妙かもしれないけど、立って見ていて、今宮くんの手が先に入ったように見えた。どうなのかと思って、お願いしました」

 数分間に及ぶ長いリプレー検証の末に、審判団に出した判定はセーフ。判定が覆って決勝点となり、指揮官は「セーフになると信じていた。こういう形でリプレー検証をお願いしてセーフと、僕らにとって素晴らしい結果になってよかった。気持ちで勝ち取ったホーム」と語った。

 結果的には今宮のヘッドスライディングが決勝点を生んだが、指揮官は「あそこでチームが1つになって、逆転するんだという気持ちが出た試合だと思う。ポッと出て打つのは難しいけど、練習でやっている通りの打球。やってきていることが素晴らしいということ。ここで1本というところで打ってくれて勝負強い」と、7回先頭で出塁した明石や、1点差に迫る適時打を放った柳田の働きも絶賛。勢いを生み出したベンチの雰囲気も称えていた。

 連勝スタートを決めて、これで2勝0敗と優位にたったソフトバンク。一度は逆転を許しながら、リリーフ陣を打ち崩しての再逆転勝利で、相手に与えたダメージは大きい。2年ぶりの日本一に、あと2勝。このまま一気にいってもおかしくない。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)