鷹サファテ、衝撃3イニングでMVP 工藤監督が明かす“舞台裏”

鷹サファテ、衝撃3イニングでMVP 工藤監督が明かす“舞台裏”

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

ソフトバンク日本一導いたサファテ“決死のリリーフ”

 やっぱり、サファテには勝利がふさわしい。2017年の最後はこの男しかいなかった。日本一を決めたDeNAとの日本シリーズ第6戦。ソフトバンクの「キング・オブ・クローザー」デニス・サファテ投手が前代未聞のリリーフで、劇的なサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

 1点ビハインドで迎えた9回。勝利を信じて、サファテがマウンドに上がった。「今日は9回にいって、あの回を3人に抑えれば、デスパイネ、ウッチー(内川)、(中村)晃が何とかしてくれるというのがあった」。嶺井、倉本、桑原を3人で切ると、本当に味方が点を取った。

 9回1死から、内川が左翼ホームランテラス席へ飛び込む起死回生の同点ソロを放った。延長戦。守護神は決意した。「追いついてからは自分がいけるところまでいって、その間にみんなが必ず点を取ってくれると思っていた」。延長10回も当然のごとくマウンドに上がると、走者を2人出したが、無失点で切り抜けた。その裏、味方打線も無得点に終わると、背番号58はマウンドに再び上がった。

 まさかの3イニング目。決死のリリーフだった。2011年に来日してから初めてとなる3イニングの救援。それでも、白崎を空振り三振に仕留め、嶺井には中前安打を許したが、倉本、桑原を切って取った。雄叫びを挙げる守護神。この気迫が、その裏のドラマを呼び込んだ。延長11回2死一、二塁から川島が右前へのサヨナラ適時打。劇的な幕切れで日本一が決まり、サファテは「2014年、2015年と日本一になっているけど、今年は忘れられない日本一になる」と興奮気味に語った。

衝撃のロングリリーフに「疲れたよ(笑)」

 衝撃の、誰もが目を疑ったサファテのロングリリーフ。工藤監督は、その舞台裏を、こう語った。「2イニングは予定していたんですけど、3イニング目もいくと言ってくれたので。今日はサファテにかけようと。サファテが投げている間に絶対に勝とうという気持ちで3イニング行ってもらいました」。サファテ自らの志願によるものだった。

 もし敗れていたら、第7戦で守護神を起用できなくなったであろう禁断の一手。サファテ自身が志願したのも、この試合で日本一を決めるという、執念にも似た決意の現われだった。

「今日全部使い切ってしまったので、今日とにかく勝つしかないと。明日の分は残ってなかった。チームのため、それだけだった。今年自分の都合でチームを離れた時期があった。その時みんなが自分のためにと戦ってくれた。今日は自分がチームのためにと思って投げました」

 その思いが、勝利の女神を振り向かせた。「疲れたよ(笑)。監督にはもうこれっきりにしてもらいたいね」と冗談めかし、会見場に笑いを誘ったサファテ。もちろん、文句なしの日本シリーズMVP。やっぱり、この男なくして、ソフトバンクは語れない。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)