【ドラフト】楽天1位の早大・早川、4球団競合「素直に嬉しい」 マー君ら「偉大な選手に追いつきたい」

【ドラフト】楽天1位の早大・早川、4球団競合「素直に嬉しい」 マー君ら「偉大な選手に追いつきたい」

楽天が交渉権を獲得した早大・早川隆久【写真:編集部】

ダルビッシュも驚きの逸材は楽天が交渉権獲得

 2020年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、都内のホテルでリモート開催され、早大の最速155キロ左腕・早川隆久投手は今回のドラフト最多タイとなるヤクルト、楽天、西武、ロッテの4球団が競合し、クジ引きの末に楽天が交渉権を獲得した。

 今年のドラフト目玉は、みちのくの球団が引き当てた。近大・佐藤輝明内野手とともに最多4球団競合の末に楽天が石井GMが引き当て、交渉権を獲得。運命の瞬間から1時間半余りが過ぎた午後8時過ぎ、東京・東伏見の早大室内練習場で会見に応じた左腕は「(4球団で)そこまで評価していただいたことが素直にうれしい」と心境を明かし、楽天の印象については「投手陣も打者陣も強力。茂木さん、福井さんという(大学の)先輩もいるので、自分も即戦力として活躍したい」と決意を述べた。

 高校時代から夢見てプロ入りの切符を掴んだことについては「やっとスタートラインに立てた。ここからが勝負」と表情を引き締め、憧れの投手については「ダルビッシュ投手、前田健太投手はもちろん、楽天には田中将大さんもここで活躍した。偉大な選手に追いつけるようになりたい」と宣言。「1年目から新人王を狙っていきたい」と目標を語った。

 早川は千葉県出身。木更津総合(千葉)時代は3年春夏ともに甲子園8強入りし、高校日本代表に選出された。名門・早大進学後は1年春にリーグ戦デビュー。3年生のシーズンから就任した元ロッテの小宮山悟監督の下、学年を追うごとに本格化し、今年はエース兼主将となった。8月に行われた春季リーグ戦で自己最速155キロを記録。カブスのダルビッシュ有投手が「いやいや笑 左で155km/hって笑」と驚きのツイートし、話題となった。

 リーグ戦通算12勝12敗ながら、今秋は5登板4勝0敗、防御率0.25、奪三振率14.64と圧倒的な成績を残し、「大学No.1投手」の評価は揺るがない。1年目から2桁勝利が期待される即戦力候補の評価を受けながら、プロの大海原に飛び込む。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)