「憧れはダーグーシャンピン」―台湾にも大きな影響与える大谷翔平の存在感

「憧れはダーグーシャンピン」―台湾にも大きな影響与える大谷翔平の存在感

エンゼルスへの入団が決まった大谷翔平【写真:Getty Images】

代表チームメイトへの応援メッセージが大きな話題になった。

 駒田英氏は、台湾野球好きが高じ、2006年に台湾へ。語学学校で中国語、大学院で翻訳、異文化コミュニケーションを学んだ後、台湾の政府系海外向けラジオ局に入社。記者、パーソナリティーを務める。台湾のスポーツ事情に詳しく、『台湾プロ野球<CPBL>観戦ガイド』(ストライク・ゾーン)に執筆者の一人として参加した。現地にて、台湾でも関心が高い陽岱鋼、大谷翔平の2人について聞いた(聞き手、広尾晃)。

――読売ジャイアンツに移籍した陽岱鋼は、満足とはいえないシーズンでしたが、台湾での反応は?

「名門球団との5年総額15億とも言われる大型契約、ということもあり、陽岱鋼のジャイアンツ入団は台湾でも大きな話題になりました。ただ、ご指摘の通り、昨年の怪我の影響で1月末にWBCを辞退、2月に『下半身の張り』で離脱、ようやく6月に1軍復帰し、8月は絶好調でしたが、9月は一転不調に陥り、ジャイアンツ初年度は87試合に出場、打率.264、9本塁打という成績に終わりました。

 台湾では、ファンの期待に応え、読売ジャイアンツの主催ゲームが、CATVとインターネットTVのスポーツ専門局で中継されたほか、パブリックビューイングも数試合行われました。しかし、シーズン前半、肝心の『主人公』が欠場していたこともあり、盛り上がりは今ひとつだったように思います。

 陽岱鋼本人も、オフに台湾で行われた記者会見で『満足な点はどこもない、来年は143試合フル出場することが目標だ』と答えました。来シーズン、陽岱鋼がファイターズ時代同様、元気なプレーでチームを牽引し、勝利に貢献する姿をみせれば、台湾でのジャイアンツでの注目度は自然にアップ、チームメイトも台湾で広く知られるようになると思います。

 野球人気が高く、マニアックなファンも少なくない台湾ですが、スポーツに関心のある人の絶対数が多いかといえばそういうわけでもなく、興味のある人と、そうでない人の差が激しい印象があります。そうした中、陽岱鋼は、野球に興味がない人でも知っている、数少ない国民的なスター選手です。ルックスもよく、プレーヤーとして華があることはもちろん、家庭を大切にする陽岱鋼は、日系メーカーを中心に、いくつもの企業CMに起用されています。

 オーバーエイジ枠で出場したアジアプロ野球チャンピオンシップでも、ファンの大きな声援を浴びていました。代表チームでキャプテンに指名された陽岱鋼は、練習の際には緊張する若手選手に自ら話しかけ、アドバイスもしていたようです。また、大会終了後、陽岱鋼は、自身のフェイスブックで24人のチームメイトへ、一言ずつ応援メッセージを送りました。ファンはこれに感動、4万件近くの「いいね!」がつくなど、大きな話題となりました。

「ダーグーシャンピン」は台湾でもおなじみ

――大谷翔平のMLB挑戦について台湾ではどんな反響ですか?

「その国民的スター、陽岱鋼が昨年まで北海道日本ハムファイターズに所属していたこともあり、台湾のスポーツ専門局では2014年から、ファイターズのホームゲームを中心にパ・リーグの試合中継を開始、チェン・グァンユウ(千葉ロッテマリーンズ)の活躍もあり、今年はパ・リーグの試合を年間260試合以上中継しました。

 こうしたTVでの露出に加え、なんと言っても投打「二刀流」の活躍のインパクトは大きく、大谷翔平は、台湾の野球ファンにも広く知られています。台湾の少年野球の中には、台湾選手を差し置いて、「憧れは大谷翔平(ダーグーシャンピン:中国語読み)」と話す子もいるくらいです。

 ファンだけでなく、現役選手からの注目度は高く、王柏融(lamigoモンキーズ)らも、日本メディアに対して、アジアプロ野球チャンピオンシップで対戦したい投手として大谷選手の名前を挙げていました。

 台湾のスポーツメディアは、日本語や英語のニュースをすぐに翻訳して伝えています。日本メディアの台湾に関する『飛ばし記事』まで、しっかり報道されています(笑)。ですので、当然、大谷翔平の移籍先候補に関する細かい動向は報じられていました。近年では、ダルビッシュ有投手、田中将大投手の時もそうでしたが、NPBのトップクラスの選手が、MLBでどのような成績を残すのか、台湾のファンの関心、期待も大きいと思います。

 大谷翔平の活躍により、『二刀流』という言葉が、台湾のファンにおなじみとなり、高校野球のテレビ実況でも、投手兼任の強打者をアナウンサーが『二刀流』と紹介するケースもあります。台湾の高校野球は指名打者制とはいえ、高校生では珍しいことではないとは思いますが、これも一種の『大谷現象』といえるかもしれません」(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)