ソフトバンク甲斐拓也が“巨人封じ”の真実を激白 キーマンは4番・岡本和真

記事まとめ

  • 4年連続日本一のソフトバンクの甲斐拓也捕手が、いかに巨人打線を封じたか明かした
  • 4番の岡本和真をキーマンに定め、第1戦ではインコース攻めで崩しにかかったという
  • 主砲が眠った巨人打線はシリーズ史上最少の16安打、最少タイの4得点だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております