大学社会人は枯渇…吉田輝星プロ表明で“ドラ1”は高校生が席巻

大学社会人は枯渇…吉田輝星プロ表明で“ドラ1”は高校生が席巻

吉田はどの球団に行くのか…(C)日刊ゲンダイ

「今年は不作だね。1位で評価できるのは12人に満たない。10人いるかどうかだよ」

 ドラフト会議(10月25日)が2週間後に迫る中、各球団のスカウトはこう言って頭を痛めている。

 1位指名が濃厚といわれているのは、高校生では10日にプロ表明をする吉田輝星(金足農=右投げ・右打ち)をはじめ、投打二刀流の根尾昂(大阪桐蔭=右・左)、外野手の藤原恭大(同=左・左)、遊撃手の小園海斗(報徳学園=右・左)の4人。

 大学・社会人では甲斐野央(東洋大=右・右)、梅津晃大(同=右・右)、上茶谷大河(同=右・右)の投手三羽ガラスに、投手の松本航(日体大=右・右)、外野手の辰己涼介(立命大=右・左)といったところだ。

「大学生は全体的に例年より力が落ちていて、社会人の中には確実に1位といえる選手がいない。現状では根尾が4〜5球団程度の競合になりそう。話題性十分の吉田、数年後には中軸を打てる藤原も指名が重複する。U18で守備のほころびを見せた小園も、遊撃手は貴重なだけに依然として人気はある。吉田がプロ入りを決断したことで、高校生優位は揺るぎなくなっている。ヨーイドンの1巡目は高校生に集中する可能性があります」(在京球団スカウト)

■外れ1位に頭を悩ます…

 各球団の大まかな評価はすでに済んでおり、「単独で1位指名を狙うとしたら誰か、クジを外したときに誰を外れ1位で指名するか」という判断を下す最終局面に入っている。

 9日には、東都大学リーグの公式戦が行われる神宮球場に12球団のスカウトが大集結。幹部クラスが視察に訪れた球団もあった。

 お目当ては駒大対東洋大戦と、亜大対国学院大戦の2試合。東洋大は、先発した梅津が八回途中1失点と好投するも、抑えの甲斐野がサヨナラ打を浴びた。国学院大の先発・清水昇(右・左)と、亜大の主砲・頓宮裕真(右・右)によるドラフト候補対決では、頓宮が2本塁打5打点の活躍を見せた。

「梅津は大化けする可能性を秘めていますが、甲斐野は制球が安定せず、リーグ戦では救援失敗が続いている。一方、この日は八回途中5失点だったものの、先発型の清水が外れ1位候補として注目を集めている」とは、アマチュア球界に詳しい放送関係者だ。

「150キロ超のストレートをバンバン投げ込むタイプではないが、ボールにキレがある。帝京高の先輩である山崎(DeNA)の“宝刀”ツーシームと、カットボールを両サイドに投げ分け、打たせて取る投球ができる。吉田輝星ら投手を外した球団が外れ1位で指名すると見ている」

 清水本人はこの日の降板後、「実力不足です」と反省した上で、ドラフトに向けて「自分はまっすぐに自信がある。ドラフトのことは気になりますけど、意識しないように、フラットな気持ちで残りのリーグ戦に集中したい」と話した。

 各球団はどう動くか。

関連記事(外部サイト)