新人王ライバルは5カ月半で 大谷の復帰は来季開幕の可能性

新人王ライバルは5カ月半で 大谷の復帰は来季開幕の可能性

先行きは明るいか(C)日刊ゲンダイ

右肘手術からの復帰を目指すエンゼルス・大谷翔平(24)に朗報である。

 患部の回復が順調なら、復帰が早まる可能性があるからだ。

 メジャーでは投手だけでなく、野手も腱を修復するトミー・ジョン(TJ)手術を受けるケースが増えている。大谷の新人王のライバルであるヤンキースのグレイバー・トーレス内野手(21=打率2割7分1厘、24本塁打、77打点)は、昨年5月中旬にマイナーの試合で、相手選手と交錯した際に右肘を痛めてTJ手術。メジャー昇格が有力視されながら、昨シーズンを棒に振った。

 トーレスは当時20歳と若かった上、リハビリも順調にこなしたのだろう。劇的な回復を見せて、11月上旬には医師から実戦復帰のお墨付きを得た。

 TJを受けた野手が復帰できるのは通常、6カ月程度が目安だが、トーレスは術後から約5カ月半で実戦出場が可能となった。本人は今季の開幕を見据えて中南米のウインターリーグ出場を希望しながら、チーム期待の有望株のため、キャッシュマンGMの許可が下りなかったという。

 長期間にわたる肘への負担から靱帯損傷に至る投手とは異なり、トーレスは突発的な衝撃で痛めたこともあって、回復具合は早かったとみられる。

■エプラーGMは時期を明言せず

 大谷は二刀流とはいえ、まずは来季、打者に専念する。トーレスとは違い、守備に就かないため、スローイング(送球)プログラムを含めて守備練習に時間を割く必要はない。当面はDHのみの出場となるだけに、早期復帰は決して不可能ではなさそうだ。

 ビリー・エプラーGMは1日(日本時間2日)の会見で「今すぐ判断するのは難しい」と来春のキャンプでの調整法、復帰時期については明言しなかった。

 球団が、慎重な姿勢を崩さないのは当然としても、手術から5カ月半といえば3月中旬から下旬。来季の本拠地開幕戦である4月4日(同5日)のレンジャーズ戦のスタメンに名を連ねたとしても不思議ではない。

関連記事(外部サイト)