西武・平良が開幕31試合無失点の快挙!パンク懸念にOB「杞憂」と断言する理由

西武・平良が開幕31試合無失点の快挙!パンク懸念にOB「杞憂」と断言する理由

平良は2016年の田島以来の剛腕記録(C)共同通信社

山深い所沢で“海人”が快挙を成し遂げた。

 10日、西武はベテランの内海が先発。5回3失点と粘投するとリリーフ陣も無失点リレーでつなぎ、トリを飾ったのが平良海馬(21)だ。

 2点リードの九回をゼロに抑え、今季5セーブ目(1勝0敗)。開幕からの無失点記録を31試合に伸ばし、2016年の田島(中日)に並ぶプロ野球記録に肩を並べた。

 とはいえ、心配もある。西武はこの日が60試合目。平良は2試合に1回投げている計算だ。今季は新型コロナウイルスの影響で延長戦がなくなったことにより、同点の九回に守護神が登板するケースが増えている。球界には「このままでは失点より先にパンクしかねない」という声があるのも事実だ。

 西武OBの山崎裕之氏は「それは杞憂でしょう」と、こう続ける。

「昨季はMAX160キロを誇る直球でガンガン押すスタイルだった。しかし、本人も『それだけではもたない』と自分の投球を見つめ直し、今春のキャンプではスライダーやチェンジアップなどの変化球をひたすら磨いた。相手打者が『平良といえば直球』と待ち構えるところに、ポンポンと変化球でストライクを取って追い込んでしまう。地肩も強く、沖縄出身なので暑さにも強い。ここ数日はだいぶ暑くなってきましたが、平良が汗をダラダラ流しながら投げている姿は見たことがない。パンクの心配はありませんよ」

 ちなみに「開幕から」という条件を除いた連続無失点記録は、06年に藤川(阪神)がマークした38試合。大台更新もありそうだ。

関連記事(外部サイト)

×