楽天戦力外の藤田一也は現役続行の意思 球界随一の人格者めぐり「選手兼任コーチ」で争奪戦か

楽天戦力外の藤田一也は現役続行の意思 球界随一の人格者めぐり「選手兼任コーチ」で争奪戦か

現役続行を視野(C)日刊ゲンダイ

 楽天が藤田一也(39)の戦力外通告を発表した。

 2004年にドラフト4位で横浜(現DeNA)に入団。12年6月にトレードで楽天に移籍すると、13年には球団初のリーグ優勝と日本一に貢献した。今季ここまで一軍での出場機会がなかった藤田に対し、石井GM兼監督は“プレーヤー以外のポストを用意している”ことを明かしたが、藤田本人は「現役へのこだわりも球団には理解していただいておりますので、しっかり考えていきたいと思います」と現役続行の意思を示した。

 球界では人格者として知られる藤田。横浜からトレードされた際は、内野手を中心とした「送別会」が開かれ、楽天に合流する藤田をナインは号泣しながら見送った。移籍先の楽天でも後輩から慕われ、バッティングや守備について聞かれれば率先してアドバイス。それだけではなく、結果を出す若手に「バッティングを教えて」と気さくに話しかけ、年の差を気にせず何か盗めるものはないかと貪欲だった。

 以前、楽天が好調な理由について藤田は「若い選手がのびのびとプレーして、それをベテランが支える形ができている」と話していたが、それを聞いたあるスタッフは「それは藤田さんがいるからできていること。あなたのおかげですよ、と伝えておいてください」と笑っていた。

「『選手兼任コーチ』という肩書であれば、引く手あまたではないか。他球団との争奪戦になる可能性もあるでしょう」とは、球団関係者である。

関連記事(外部サイト)