ドラフト直前にスカウト“駆け込み視察” 12球団が頭を悩ませる「大学生の評価」

ドラフト直前にスカウト“駆け込み視察” 12球団が頭を悩ませる「大学生の評価」

評価を上げるブライト外野手(C)日刊ゲンダイ

 4日、阪神大学野球リーグの関西国際大対大阪体育大戦に、12球団40人以上のスカウトが大挙。ヤクルト小川GMら幹部クラスも訪れ、ドラフト上位候補の関西国際大・翁田大勢(4年)投手に熱視線を送った。

 昨年の目玉候補だった佐藤輝明(近大→阪神)の関西学生秋季リーグ初戦(9月)は12球団23人。これを上回る大人数が集まったのは、何も佐藤輝以上の逸材がいるからではない。1日に緊急事態宣言が解除されたことで、スカウトの阪神リーグ視察が今年初めて解禁されたからだ。

 コロナの感染拡大により、スカウト活動は制約を受けている。

 高校生は、進路決定に配慮する高野連の方針で、無観客試合でも1球団2〜3人の視察を許可した。

 一方の大学生は、大学や各連盟の厳重なコロナ対策により、練習や試合の視察がかなわなかったケースもある。

「その分、大学生の評価が難しい」と、セ球団スカウトがこう続ける。

「今年はそもそもが不作。間違いなく1位の素材といえるのは高校生の小園(市和歌山)と森木(高知)くらい。大学、社会人は高校生以上に逸材が少ない上に、トーナメント制で負けたら終わりの高校生を優先的に見ざるを得なかった。全国の選手をチェックする幹部クラスは今、地区担当が推薦する大学生の視察に奔走しているが、全ての選手を見られないまま、11日のドラフト会議を迎える球団もあるはずです」

 巨人のように即戦力投手を狙う球団はもちろん、中日など即戦力野手が欲しい球団はなおさらだろう。

 西日本の球団のスカウトが言う。

「特に野手が枯渇している。慶大の正木外野手、中大の古賀捕手らが上位候補になるが、正直、1位としては物足りない。そんな中、上武大・ブライト外野手が大学3年時に打撃の間の取り方のコツを掴み、開眼しつつある。大学3〜4年時に急成長する選手は5〜6年に1人いるかいないか。6月の全日本大学選手権でも2本塁打をマーク。長打力と肩の強さは非凡なものがあり、視察機会が少ない中でも目立っている。野手の1位を決めた球団が将来性を加味して思い切って一番目で指名するかもしれない」

 ドラフト会議まで1週間。大学生の最後のアピールはプロに届くか。

関連記事(外部サイト)