阪神・青柳が11勝目!「優勝&投手2冠」なら年俸爆上げ3倍増の“バラ色のオフ”

阪神・青柳が11勝目!「優勝&投手2冠」なら年俸爆上げ3倍増の“バラ色のオフ”

「数字」が気になる青柳(C)共同通信社

 トンネルを抜けた。5試合、白星から遠ざかっていた阪神右腕の青柳晃洋(27)が、DeNA打線を6回2失点に抑え、リーグトップタイの11勝目を挙げた。

「初回から援護をしてくれた野手の方々に感謝です。2失点をしてしまいましたが、なんとか粘りの投球ができました」

 9月に足踏みしていた青柳だが勝率(.688)もリーグトップ。防御率(2.69)は同2位だ。ドラフト制以後、阪神で最多勝と最優秀防御率のタイトルを同時に獲得したのは2003年の井川慶(20勝5敗、防御率2.80)しかいない。当時の井川はすでに1億円プレーヤー。18年ぶりの優勝に貢献したことで、翌年は2倍超の2億1000万円にアップした。

 年俸5000万円の青柳は3冠の可能性がある。実現すれば年俸更改が楽しみだろう。

 参考になるのは10年の広島・前田健太だ。当時、高卒4年目の前田は球団史上初、セでは11年ぶりとなる投手3冠(最多勝、最優秀防御率、最多奪三振)に輝き、4800万円の年俸は1億5000万円まで跳ね上がった。

 阪神OBが言う。

「10年のマエケンは15勝8敗、防御率2.21、174奪三振で沢村賞も獲得。見事な活躍を見せたが、チームは5位と低迷した。青柳は投げてもあと3試合。タイトル取りには、投手4冠(勝率・667、10勝5敗、防御率2.17、161奪三振)を視野に入れる中日の柳がライバルです。今季の柳の出来からすると、防御率は厳しいかもしれないが、2冠で終えても16年ぶりにチームが優勝すれば貢献度は大きい。1億5000万円には届くと思う」

 東京五輪では金メダルを獲得、約1000万円の報奨金をもらった。その上、チームが優勝で投手3冠なら、まさにバラ色のオフが待っている。

関連記事(外部サイト)