西武・松井稼二軍監督は次期監督適任も…「世代交代」の残務処理が至上命令に

西武・松井稼二軍監督は次期監督適任も…「世代交代」の残務処理が至上命令に

若手を見守る松井稼二軍監督(C)日刊ゲンダイ

 残された仕事は山積みだ。

 最下位争いをする西武は、辻発彦監督(62)が今季限りで辞任する意向を固めた。次期監督は松井稼頭央二軍監督(45)が有力視されている。

 今季の西武は自慢の打撃が沈黙。チーム得点(476)と打率(.240)はリーグ5位と苦しんだ。積年の課題である投手力も改善されず、チーム防御率(4.07)と失点(547)はいずれもリーグワーストだ。

 2018年オフに浅村栄斗(30)が楽天、菊池雄星(30)がマリナーズへ移籍する中、19年にリーグ連覇を果たしたものの、同年オフには秋山翔吾(33)もレッズへ移籍。相次ぐ主力の流出により、昨季は3位に甘んじた。

 野手の戦力低下が危惧されながら、ここにきても若手野手の育成が思うように進んでいない。今季は山川穂高(29)や外崎修汰(28)が開幕直後に故障で離脱。復帰後も打撃不振が続いたことが、低迷に拍車をかけた。

■主力のFAラッシュ

 しかも、その山川と外崎は、早ければ来オフにも国内FA権を取得。正捕手の森友哉(26)も2人に続く。23年には源田壮亮(28)も権利を獲得する見込み。FAラッシュのカウントダウンはすでに始まっている。

 昨季から打撃不振が続く山川はともかく、森は守備に難はあれど貴重な「打てる捕手」。侍ジャパンの経験もある外崎も、内外野が守れる好選手で、他球団が注視している。

 4人とも年俸1億円以上で、資金力に乏しい西武が全員を引き留めることは厳しいかもしれない。それだけに、新指揮官は主力流出に備えた戦力の底上げと次世代育成が急務であり、至上命令だ。

 その点、ファームで3年間、若手を見続けてきた松井二軍監督は適任といえるが、プロ野球は結果の世界。成果を出せなければ「世界のカズオ」といえども、短命に終わってもおかしくない。

 優勝を目指しながらの戦力底上げ。次期監督は仕事の多さに頭を悩ませる日が続きそうだ。

関連記事(外部サイト)