巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

3位巨人は6日の首位ヤクルトとの直接対決で敗戦 ゲーム差は7.5で事実上の“終戦”に

記事まとめ

  • 3位巨人は、6日の首位ヤクルトとの直接対決第2ラウンドで敗れ、ゲーム差は7.5に
  • メルセデスは東京五輪ではドミニカのエース格として銅メダル獲得に貢献も9月は0勝2敗
  • メルセデスもいつかは大リーガーになりたいという夢がある、とは中南米の野球関係者

巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

五回に中村(左)に先制適時二塁打を浴びるメルセデス(C)共同通信社

 頼みのメルセデス(27)でもダメだった。

 5日の初戦に敗れた3位巨人は、6日の首位ヤクルトとの直接対決第2ラウンドで助っ人左腕のメルセデスが先発。四回まで無安打投球を見せていたが、五回に中村の二塁打などで2点を失うと、6回途中3安打2失点でマウンドを降りた。試合も敗れ、ゲーム差は7.5。事実上の“終戦”となった。

 7、8月は5試合で4勝を挙げるなど好調をキープしていた。東京五輪ではドミニカ共和国代表のエース格として銅メダル獲得に貢献したが、9月は5戦で0勝2敗。8月24日の広島戦勝利後、7試合連続で白星から遠ざかっている。

 それでも状態は悪くない。前回9月30日の中日戦は6回1失点の好投。宮本投手チーフコーチは「リズム、テンポ、初球のストライク率も高く、追い込むところが彼の持ち味。先発投手の見本。非常にいい投球をしてくれた。また次回、中5日でいかせます」と絶賛していたが、打線の援護がない試合が続いている。

 これで7勝4敗、防御率3.58。そんな助っ人左腕の巨人5年目の今季年俸は4000万円だ。これが高いのか安いのか――。中南米の野球関係者がこう明かす。

「ドミニカ出身のほとんどの選手がそうであるように、メルセデスもいつかは大リーガーになりたいという夢がある。8月の東京五輪後にメジャーの評価はグンと上がった。メジャースカウトによれば、目安になるのは、昨オフに日本ハムからレンジャーズに移籍した有原。今季終盤に戦力外になったものの、2年総額620万ドル(約6億4200万円)の契約を結んでいた。6月に巨人に復帰した山口俊が、2020年から2年契約でブルージェイズに移籍した時の年俸300万ドル(約3億3000万円)。これくらいの契約を結べる可能性はあります」

■メジャーのスカウトは動向を注視

 別の球界関係者は「巨人の育成出身だけに、他の外国人選手のように自由に退団を選択できない可能性はあるものの、昨オフにメジャー再挑戦を示唆していたエースの菅野は、今季は故障もあって5勝7敗と苦しんでいる。V逸なら戦犯になるし、今オフは『メジャー挑戦』なんてとても言えそうにない。メジャーのスカウトは、菅野よりメルセデスの動向を注視しています」と言う。

 やれFAだ、やれ外国人だと、補強ばかりが注目される巨人だが、流出するかもしれない選手もいるということ。補強の前にやることがありそうである。

関連記事(外部サイト)