ヤクルトCS進出決定!打つわ盛り立てるわ“村上監督”の素養を恩師に聞いた

ヤクルトCS進出決定!打つわ盛り立てるわ“村上監督”の素養を恩師に聞いた

オスナを出迎える村上(C)共同通信社

 6日の巨人戦に3―0で勝ち、5連勝でCS進出を決めた首位ヤクルト。不動の4番としてチームを牽引しているのが村上宗隆(21)だ。

 4年目の今季は打率.282、38本塁打(セ1位タイ)、104打点(セ2位)と大活躍。その成績もさることながら、ベンチでも存在感を見せる。

 この日、八回にダメ押しの適時二塁打を放つなど全4打席で出塁。五回に中村が先制の適時二塁打を打った際には、大声を張り上げながら両腕を突き上げてガッツポーズ。一軍に定着して以降、もり立て役としての働きぶりは特筆もので、味方が勝ち越し本塁打を放とうものなら、はじける笑顔でこれでもかというほど手を叩き、ナインをかき分けてイの一番に迎え入れる。負けている試合であってもベンチから身を乗り出して味方を鼓舞。

 5日の巨人戦では、0―0の三回1死一、三塁の場面で遊ゴロを放つも、気迫のヘッドスライディングで併殺打を免れ、三走の青木が生還。チームに先制点をもたらし、勝利をたぐり寄せた。

 今やチームの顔となった男が率先してチームをもり立てる姿勢に、ネット上では「村上監督」との異名が付けられているほどだ。

■「ここは送りましょう」

 恩師である九州学院の坂井宏安前監督は以前、「高校時代から、試合中は私の横にきて、味方に声を出し、『ここはきちんと送りましょう』と平気で言ってくる(笑い)。『ムネ、おまえが監督みたいやな』と言ったら、アタマをかきながら『へへへ』です。嫌みのない可愛げのあるガキ大将という感じ。この性格は天性のものだと思います」と話していた。

 その坂井前監督に改めて、村上のキャプテンシーについて尋ねると、こう言った。

「ベンチの姿勢は入学した時からすでに身についていたもので、今も全く変わっていませんね。生まれ持ったものなのか、親御さんの教育が良かったのか。自分よりも味方が打った時の方がうれしそうにしていたんです。特に、控えの選手や後輩が活躍するとめちゃくちゃな喜びようだった。試合中の声出しは味方を叱咤激励する言葉だけ。相手にヤジを飛ばすなんてことは一度もありませんでした。普段の練習はもちろん、体育祭のリレーや騎馬戦でも誰よりも村上の声が響いていましたね(笑い)」

 ヤクルトは本塁打数128(リーグ3位)、チーム打率.257(同2位タイ)ながら、チーム562得点は12球団トップ。数字に表れない村上の貢献度はデカい。

関連記事(外部サイト)