阪神にはタイトル狙える選手ゴロゴロいるのに…いまだセ2位にいる不思議

阪神にはタイトル狙える選手ゴロゴロいるのに…いまだセ2位にいる不思議

マルテの二塁打で先制のホーム踏んだ近本は絶好調(C)共同通信社

 シーズンが終わればタイトルラッシュではないか。

 2位阪神は7日、DeNAに痛い逆転負け。首位ヤクルトは巨人にサヨナラ勝ちでゲーム差は2となった。

 阪神は負けはしたが、大山は三回に2ランを放ち、昨年の28本塁打に続き2年連続の20発をマークした。しかし、「それがどうした?」というほど、今の阪神には好成績の選手が多い。

 まずは1番近本だ。打率.316はリーグ2位。広島の鈴木(.321)を抜くのは厳しいものの、167安打はもっか同1位。最多安打のタイトルは濃厚だ。

 2番中野の26盗塁もリーグ最多。3年連続の盗塁王を狙う近本(23)とチーム内で争っている。中野はこの日先発した左腕の伊藤将(8勝7敗)と新人王争いも演じている。新人王に関しては、23本塁打の佐藤輝も候補のひとり。後半戦は不振で59打席連続無安打のリーグワースト記録更新も、前半戦の活躍は見事だった。

 投手陣も11勝(5敗)の青柳がハーラートップ。勝率(.688)も1位で防御率(2.69)と合わせて3冠が狙える位置にいる。10勝(6敗)の秋山が勝利数で青柳の後ろにピタリとついている。

 伊藤将とガンケルは10勝に迫り、今季は4人の2桁勝ちが出るかもしれない。守護神スアレス(38S)は2年連続のセーブ王は間違いない。

 ヤクルトのチーム防御率(3.38)は阪神(3.46)より上でも、今のところ2桁勝利を挙げている投手はいない。

「ヤクルトは、本塁打と打点の2冠を視野に入れる村上に、山田、塩見、青木を中心とした攻撃型のチーム。中継ぎの清水(リーグ1位の46HP)はしっかりしているが、抑えのマクガフ(26セーブ)が不安定。特に投手のコマ数は阪神の方がはるかに上です。純粋な戦力としてこれだけまとまっているチームはパ・リーグにも見当たらない。リーグ優勝して当然の戦力です」(阪神OB)

 そう思っているファンは多いはずだ。

関連記事(外部サイト)