巨人はヤクルトに3連敗で“ジ・エンド”…G選手の気持ちは戦う前からプッツン切れていた

巨人はヤクルトに3連敗で“ジ・エンド”…G選手の気持ちは戦う前からプッツン切れていた

ノーノーのままあっさり降板した菅野(C)共同通信社

 終戦ムードを象徴するような幕切れだった。

 7日の試合で2安打のヤクルトにサヨナラ負けを喫して3連敗。0―0の九回1死からヤクルト塩見をこの日初めての安打で出塁させ、簡単に盗塁を許して2死二塁のピンチを招くと、山田の遊ゴロをさばいた主将の坂本が前日に続く送球ミス(記録は内野安打)で試合は終わった。

 六回まで無安打5奪三振と完璧な投球を見せていたエースの菅野は菅野で、七回の投球練習中に突然、右手の変調を訴えてノーヒット投球のまま降板。右手親指がつるアクシデントがあったというが、あっさりとマウンドを降りる姿に違和感を覚えるファンも多かったのではないか。

 打線はこの日も4安打無得点。3番・坂本、4番・岡本、5番・丸の中軸が計11打数無安打と淡々と凡打を重ねれば、全力疾走という最低限の仕事もしない。エースの快投に応えようという雰囲気は皆無だった。

 ヤクルトOBの宮本慎也氏は日刊スポーツの評論で、0―3で敗れた前日6日の試合を、「若手選手は技術力が足りないし、主力選手のグラウンドでのプレーにも覇気を感じられなかった」と指摘。今の巨人が抱える問題点を、ぐうの音も出ないほど理論的に羅列した。宮本氏は「この試合に限っていえば『諦めた』と感じてしまう。残念な試合になった」と結んでいたが、前カードのDeNA戦では巨人OBの中畑清氏がスポニチ紙上で3―3の引き分けに終わった3日の試合を振り返り、「試合終了後、テレビに映し出された巨人ベンチを見てショックを受けた。笑ってる選手がいたんだよ。(中略)そんな状況でよく笑えるよ」と怒っていた。

 メディアは首位ヤクルトとのこの3連戦を「天下分け目の」と大仰に報じていたが、なんてことはない、巨人ナインはとっくに白旗ムード。サヨナラ負けの瞬間、自らを鼓舞するように両手をパチンと叩いた原監督がいくら笛吹けど、選手はまったく踊らない。これまで無理を強いられてきた選手の気持ちは、とっくに切れている。

関連記事(外部サイト)