ヤクルト高津監督の胆力は現役時代と変わらず 前年最下位から優勝目前(権藤博)

ヤクルト高津監督の胆力は現役時代と変わらず 前年最下位から優勝目前(権藤博)

サヨナラ勝で巨人に3連勝(C)共同通信社

【権藤博の「奔放主義」】

 セ・リーグの首位に立つヤクルトを率いる高津臣吾監督(52)は、異質な抑え投手だった。

 同時代に活躍した大魔神・佐々木主浩が150キロ超の剛速球と決め球のフォークで三振の山を築いたのとは対照的に、横手から放る直球のスピードは140キロそこそこ。シンカーという武器はあったものの、その勝負球を生かすため、平凡なストレートを時に大胆に打者の内角へ投げ込みながら、ストライクゾーンと持ち球をフルに使って、我慢強く、しぶとく、慎重にアウトを取った。

 日米16年間で1093奪三振を記録した佐々木に対し、同じくメジャーを経験した高津は日米17年間で679奪三振と大差がある。それでいて、通算381セーブの佐々木に比肩する313セーブを挙げた。とてつもないことである。

 素材に劣る分、くぐり抜けてきた修羅場と心身のタフさは大魔神以上と断言できる。

 功成り名を遂げたにもかかわらず、現役の晩年は台湾でプレーし、名球会会員として初めて独立リーグのマウンドにも立った。

 そうやって、しぶとく生き抜いてきた現役時代の経験が今、監督としての迫力を生む。

 前年最下位からの優勝争い。リーグワーストだったチーム防御率4.61の投手陣を就任2年目で見事に再建してみせた。

 出色なのは七回、八回、九回のリリーフ陣を構築したこと。中でも、マクガフの抑え抜擢に高津監督の胆力が表れる。

 決して盤石なストッパーではない。57試合で26セーブを挙げているが、防御率は2.93。55回3分の1で23四死球を記録しているように、制球に不安を抱え、毎試合のようにピンチを招く。

 5日からの巨人3連戦でも初戦に1死から連続四球で塁上を賑わせた。

■「このスタイルは変えない」

 ヤクルト優勝の死角は抑えのマクガフ――そんな外野の声を封じるように、試合後の高津監督は平然と「よく粘った。いい投球でした」と褒め、勝利の方程式を「このスタイルは変えない、変えられない」と言った。

 6年ぶりの優勝が見えてきて、並の監督ならジタバタしても不思議はない。投手を取っ換え引っ換えしたくなるところを、涼しい顔でベンチに座っている。

 絶対的な方程式ではなくとも、監督が「これで行くんだ」と決断し、戦い方をしっかり示せば、選手はそれぞれの持ち場で力を発揮するだけ。ベンチの腰が落ち着かず、用兵も采配も右往左往すると、間違いなく選手に伝染する。高津監督にはそれがない。

 これぞ、監督だ。覇権をつかむのはヤクルトか阪神か。どっちに転んでも不思議はないが、少なくとも勝てるチームをつくった時点で、高津監督の評価は満点である。

(権藤博/野球評論家)

関連記事(外部サイト)