ヤクルト奥川9勝目でM11点灯! 98.1回で9四球「与四球率0.83」精密制球の正体

ヤクルト奥川9勝目でM11点灯! 98.1回で9四球「与四球率0.83」精密制球の正体

働きぶりはエース級の奥川(C)共同通信社

「大事な初戦だったので、もう少し長いイニングを投げたかった」

 ヤクルトの2年目右腕・奥川恭伸(20)がこう言って、悔しさすらにじませた。

 8日の2位阪神との直接対決第1ラウンドに先発。最速150キロの速球とスライダー、フォークを駆使し、六回まで2安打1失点と好投した。七回に2本の安打を浴び、7番・島田に実に8試合54回3分の1ぶりとなる四球を与えたところで、マウンドを2番手田口に譲ったが、後続がぴしゃりと抑えてチーム最多タイの9勝目(3敗)をマーク。チームは優勝マジック11が点灯した。

 プロ1年目の昨季は未勝利に終わった2019年ドラ1右腕が、あれよあれよと勝ち星を重ねている。その大きな土台となっているのは、バツグンの制球力だ。今季16試合に登板、98回3分の1を投げて四球はわずか9個。与四球率0.83は、球界屈指の制球力を誇る中日・大野雄大(1.63)、楽天・田中将大(1.65)も上回る。

 奥川のコントロールを支えるのは、精密機械ばりのリリースポイントの安定感にあるという。ライバル球団の首脳陣が奥川の1球ごとのリリースポイントの位置を調べたところ、速球、変化球ともに上下のブレは数センチ程度、左右に関してはほぼ一致していた。

「奥川は変化球の使い方がうまくなったし、リリースポイントが安定している分、投球ミスが少ない。質のいいボールを投げ続けることができるし、修正能力も高いので大崩れしないのです」(ヤクルトOB)

 この日も、ストライクゾーンギリギリのコースに投げ込み凡打の山を築いたし、ボールが浮き、シュート回転し始めた中盤も修正して何とか踏ん張った。奥川自身、プロ入り前から自分のリリースポイントでしっかり投げることを意識してきたという。

 今季の残り試合で2ケタ10勝に到達、チームも優勝すれば、新人王獲得のチャンスは十分にある。

関連記事(外部サイト)