ヤクルトが今季因縁の阪神から3死球でも…高津監督まったく動じず“金持ちケンカせず”

ヤクルトが今季因縁の阪神から3死球でも…高津監督まったく動じず“金持ちケンカせず”

決勝打放った塩見(左)と勝ち投手の田口(C)共同通信社

 味方が点を取るたび、好プレーをするたびに、大盛り上がりするベンチが、この日はピクリとも動かなかった。

 10日の2位阪神との首位攻防第3ラウンドに勝利、2勝1敗と勝ち越し、優勝マジックを2つ減らして「9」としたヤクルトである。

 この日は、阪神から計3死球を食らった。執拗な内角攻めもあり、4番・村上は2度、2番・青木は1度。ヤクルトも五回、近本にぶつけているとはいえ、ここまでやられたら、乱闘になったり、警告試合に発展しても不思議ではない展開だ。

 しかも、ヤクルトと阪神には「遺恨」がある。

 4月16日の試合で2死球を受け、同18日にも2死球。その後、ヤクルトが大山にぶつけたことで、警告試合となった。ヤクルトは7月7日も、3死球を食らっている。その前日の6日には、阪神側の「サイン盗み」騒動が勃発していた。

 佐藤輝の打席で、二走・近本の左手が何度も動いていたことをヤクルトの三塁手・村上とベンチが指摘。「絶対やってないわアホ!」という矢野監督らしき怒号が神宮球場に響き渡った。

 その後、高津、矢野両監督は激しい口論に発展。矢野監督が試合後、滔々と正当性を主張した一方で、高津監督は「僕からはすみません。(審判とは)話というか説明はしました」と話すにとどめた。

「この日の高津監督にしてみれば看板選手2人がぶつけられて、内心、はらわたが煮えくり返っていたでしょう。しかし、首位を走るヤクルトは、阪神よりも優位に立っている。下手に挑発に乗らないに越したことはない。金持ちケンカせず、ではないが、ヤクルトはこの阪神3連戦を優勝に向けての大勝負と捉えているだけに、目の前の試合に勝つことに集中したのでしょう」

 とは、ヤクルトOBだ。

関連記事(外部サイト)