巨人は今年も即戦力投手“かき集め”ドラフト 5年で10人指名→戦力2人、成功確率たったの20%

巨人ドラフト成功確率は20% 戦力になっているのは高橋優貴と畠世周ぐらいか

記事まとめ

  • 巨人は外れ1位で関西国際大・翁田大勢を指名し、原監督は「真っすぐに力ある」と絶賛
  • 巨人が近年指名した大学・社会人の即戦力投手は、ほとんど戦力になっていないという
  • 今戦力になっているのは、高橋優貴と畠世周くらいで、成功確率は20%と記事では指摘

巨人は今年も即戦力投手“かき集め”ドラフト 5年で10人指名→戦力2人、成功確率たったの20%

巨人は今年も即戦力投手“かき集め”ドラフト 5年で10人指名→戦力2人、成功確率たったの20%

1位指名で笑顔を見せる関西国際大・翁田(C)共同通信社

◆2021年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(10月11日)

 人気ナンバーワン左腕、西日本工大・隅田知一郎の外れ1位で関西国際大・翁田大勢を指名した原監督は、最速157キロの横手右腕について「右では翁田君を1位で評価していた。うちの投手にはいないタイプ。非常にパワフルで真っすぐに力があり、先発完投というスタミナも十分ある。巨人のエースになってもらいたい」と絶賛した。

 11日現在、チーム防御率はリーグ4位の3.60。苦しい台所事情もあって2位は153キロ左腕の山田龍聖(JR東日本)、3位は制球力が武器の赤星優志(日大)と、上位でタイプの違う即戦力3投手を指名した。投手6人、外野手1人の計7人を“獲得”し、「(上位3人は)先発ローテを目指して欲しい。巨人の中に入っても十分戦える。90点以上」と胸を張った原監督だが、昨年のドラフト後にも外れ1位で指名した平内を「投手では1位の評価。非常にスケールが大きい」と評していた。その平内はここまで0勝1敗である。

■戦力になっているのは高橋と畠くらい

 巨人が近年指名した大学・社会人の即戦力投手は、ほとんど戦力になっていない。

 2020年ドラフト組では、勝ち星のない平内だけでなく、2位・山崎、4位・伊藤、6位・山本が今季、一軍デビューすらできていない。19年組では、2位・太田が故障もあって2年間で一軍登板ゼロ。18年1位・高橋こそ11勝(8敗)でリーグトップタイと左腕の柱になっているが、17年1位・鍬原も今季は一軍登板なし。16年は2位・畠が中継ぎとしてフル回転しているくらいで、3位・谷岡は育成から先日、自由契約となった。4位・池田はトレードで楽天に移籍。

 ここ5年間の大学・社会人の即戦力投手10人のうち、今戦力になっているのは、高橋と畠くらい。成功確率は20%である。

関連記事(外部サイト)