菊池雄星マリナーズ残留へ「1年14.7億円」オプション行使も…来季ローテ入りはイバラの道

菊池雄星マリナーズ残留へ「1年14.7億円」オプション行使も…来季ローテ入りはイバラの道

来季も大谷と対戦?(C)共同通信社

 今オフの去就が注目されていたマリナーズ・菊池雄星(30)が契約選択権(オプション)を行使して残留するという。日本時間12日、地元紙「シアトル・タイムズ」(電子版)が伝えている。

 2019年に渡米した菊池の契約内容には、今季終了後に球団、本人双方にオプションが発生する条項が盛り込まれていた。球団がオプションを行使する場合、年俸総額は25年までの4年6600万ドル(約75億円)となる。球団が契約延長の意思がなくても、菊池が選択権を行使し、1年1300万ドル(約14億7000万円)で残留が可能となる。

 今季の菊池は29試合、計157回に登板し、7勝9敗、防御率4.41。前半戦は6勝(4敗)を挙げ、初の球宴メンバーに選出されたが、後半戦に入って失速。チームが2001年以来20年ぶりのポストシーズン進出を争う中、終盤にローテを外れた。

 肝心の後半戦で振るわなかったことから、ジェリー・ディポトGMはシーズン終了後の総括会見で菊池との契約延長について態度を保留していた。

■補強次第では…

 正式に残留が決まれば、来季も同地区のライバルであるエンゼルス・大谷翔平(27)との花巻東高対決に注目が集まるが、安閑としていられない。今季のマ軍は若手投手の台頭に加え、球団は今オフにも大型補強を行うと明かしている。補強次第では菊池のローテ入りは保証されない可能性もある。

 大谷と対戦する機会は巡ってくるか。

関連記事(外部サイト)