ドラフトは西武の一人勝ち!大学No.1左腕・隅田はじめ「1位候補」3人を根こそぎ獲得

ドラフトは西武の一人勝ち!大学No.1左腕・隅田はじめ「1位候補」3人を根こそぎ獲得

新人王候補と名高い隅田(C)共同通信社

◆2021年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(10月11日)

 まさに「してやったり」だろう。

 大学ナンバーワン左腕の隅田知一郎(西日本工大)の指名権を引き当てた西武。飯田球団常務がクジを引き、巨人、ヤクルト、広島と4球団競合の混戦を制した。

「隅田は以前は3、4位くらいで指名されるといわれていた投手。それが今年6月に行われた全日本大学選手権で評価を上げた。強打を誇る上武大との初戦で負けはしたが、8回1失点、14奪三振の活躍。今年は上位候補に突出した選手がいなかったこともあり、一躍、1位候補として名を上げた」(セ球団スカウト)

 もちろん、ただの一発屋ではない。波佐見高校ではエースとして同校を2017年夏の甲子園に導いた。もともとドラフト候補として注目されていたところ、今年急成長。西武があえて1位指名を公言したのも、1球団でもライバルを減らしたかったからだ。

 さらに2位指名の佐藤隼輔(筑波大)は、実力だけなら1位指名されてもおかしくなかった左腕。ドラフト直前の9月にケガをした影響で指名順位は下がったものの、「負傷がなければ複数球団の指名が競合していたかもしれない」とは前出のスカウトだ。

■有力左腕に「打てる捕手」

 計算の立つ先発左腕がひとりもいない現状を打破できそうなばかりか、3位の古賀悠斗(中央大)は大学ナンバーワン捕手と評価する声も。二塁への送球は最速1秒7の強肩で、打撃にも定評がある。

「少なくとも捕手としてのインサイドワークは同じ西武の森よりも上。古賀も『打てる捕手』として期待されている」(在京球団スカウト)

 4位指名の羽田慎之介(八王子高)は191センチの長身左腕。素材型として評価は高い。

 今年のドラフトは上位指名で逸材を根こそぎ獲得した西武の一人勝ちか。

関連記事(外部サイト)