日ハム1位指名・達孝太は投手能力も頭脳も「NO.1」独自データが弾き出した“将来性ある逸材”

日ハム1位指名・達孝太は投手能力も頭脳も「NO.1」独自データが弾き出した“将来性ある逸材”

天理高・達孝太(C)日刊ゲンダイ

 日本ハムには選手の能力を数値化したBOS(ベースボール・オペレーション・システム)と呼ばれるデータベースがある。選手の取捨選択はBOSの数値を参考にするそうで、今回のドラフトでこの値が最も高かったのが13日、大渕スカウト部長らが1位指名の挨拶をしに行った達孝太(天理高)だという。

 達は194センチの長身から投げ下ろす速球を武器に、今春のセンバツでチームをベスト4に導いた右腕だ。

「詳しい数値までは分かりませんけど、達は高校ビッグ3といわれた小園、森木、風間よりBOSの値が高かったと聞きました」と、日本ハムOBがこう続ける。

「投手としての能力が高いのはもちろん、アタマもよくて研究熱心。なんでも高価な解剖学の本を買って、体のつくりを理解しようとしているそうです。プロの投手のフォームを見て、あの投手は投げ方が理にかなっているとか、そうじゃないとかそんなことまで言うとか。メジャー志向が強く、当初は日本のプロ野球を経ずに直接、海を渡ることを本気で考えたくらい。ダルビッシュ(現パドレス)や大谷(現エンゼルス)がそうだったように、志の高さも高評価につながったようです」

■吉村GM「最もポテンシャルの高い選手」

 ドラフト前日、吉村GMは1位指名する選手に関して、「その場の補強ではない。この年のナンバーワン選手、最もポテンシャルの高い選手に決めました」と話していた。それが達だったということだ。

 日本ハムは昨年まで2年連続リーグ5位、今年は13日現在、最下位に沈んでいる。「23年からの新球場を背負ってくれる選手を探していた」とは大渕スカウト部長。達は低迷するチームの救世主になれるか。

関連記事(外部サイト)