澤村拓一に好機到来? 日本人唯一のPS進出、リーグ優勝決定シリーズで登録の可能性も

澤村拓一に好機到来? 日本人唯一のPS進出、リーグ優勝決定シリーズで登録の可能性も

澤村(左)はベンチ入りではなくブルペン入りできるのか(C)共同通信社

 日本人選手では唯一、ポストシーズン(PS)に進出しながら、いまだ出番がないのがレッドソックス・澤村拓一(33)だ。

 ヤンキースとのワイルドカードゲーム、レイズとの地区シリーズとも登録メンバーを外れ、ここまではベンチから声援を送った。

 レ軍は日本時間16日からのリーグ優勝決定シリーズでアストロズと対戦。ア軍に右の強打者が連ねていることから、澤村は左の救援投手に代わって、今PS初めて出場登録される可能性もある。

■ブレークスルー感染の代償は大きかったが…

 渡米1年目の澤村は55試合、計53.0回を投げて5勝1敗10ホールド、防御率3.06。まずまずの働きを見せたが、8月下旬にはチーム内に蔓延した新型コロナウイルスに感染。開幕直後の4月にワクチンを接種したものの、ブレークスルー感染で負傷者リスト(IL)入りを余儀なくされ、13日間戦列を離れる羽目に。

 ルーキー右腕にとって集団感染は誤算だったに違いない。今年2月に2年240万ドル(約2億7000万円)で合意した契約には、登板試合数に応じた出来高が付く。米メディアによれば、35試合以降5試合ごとに5万ドル(約570万円)が加算され、60試合で最大25万ドル(約2800万円)のボーナスが支払われる。

 開幕から順調に登板を積み重ね、8月の離脱まで50試合に到達。復帰後はわずか5試合の起用にとどまり、今季の出来高は20万ドル(約2270万円)だった。

 9月中旬の戦列復帰後は、登板した5試合のうち3試合はリードされた場面。9月25日のヤンキース戦は0―7のビハインドだった。オープナーの次の2番手で起用されたことも。復帰後の5試合は6回を8安打4失点3四球と精彩を欠いたため、PSのメンバーから漏れたものの、相手打線との兼ね合いもあって、挽回のチャンスが巡ってくるかもしれない。

関連記事(外部サイト)