1982年日本S第5戦の罪深き「石ころ事件」…先制打のはずが平野の打球が塁審の足に当たり(中尾孝義)

1982年日本S第5戦の罪深き「石ころ事件」…先制打のはずが平野の打球が塁審の足に当たり(中尾孝義)

平野の打球は一塁審判の足に当たり…(左は田淵幸一)/(C)共同通信社

【「革命捕手」中尾孝義が見たプロ野球】#4

 星野さんが中日の監督に就任した1986年オフ、「監督になったからって休みの日にゴルフに行っちゃいかんって言わないですよね?」と聞くと、「おう、どんどん行けや」との答え。それまでは月曜の移動日が休日になることが多かったが、星野監督の方針で、移動日でも数時間の練習が義務付けられた。シーズン中はオールスター休みの2日間しかないのだから、とてもゴルフどころではなかった。

 星野監督はあまり選手を褒めない。それだけに、ちょっと褒められると選手はうれしい。みんなそのためにやっている感じだった。「闘将」と言われるが、実は普段は温厚。星野さんはそういう監督像をつくり上げていた。

 星野さんが引退を表明し、私が2年目だった82年、2勝2敗で迎えた西武-中日の日本シリーズ第5戦で、後に語り継がれる「事件」が起こる。

 0-0の三回表2死二塁で平野謙が放った打球が一塁線を抜けた。長打コースだ。中日の先制かと思われたが、次の瞬間、信じられないような光景を目の当たりにした。

 平野の打球は、なんとライン際で打球の行方を見ていた一塁塁審・村田康一さんの右足に当たると、バウンドを大きく変えて、二塁手・山崎裕之さんの前に転がっていくではないか。名手・山崎さんは素早く三塁に送球し、三塁ベースを回っていた二塁走者・田尾安志さんが戻り切れずにタッチアウトとなった。

 ルールでは内野手の後ろにいる審判にボールが当たった場合はインプレーとなるが、抜けていれば確実に先制点が入っていた打球である。近藤貞雄監督(中日)は抗議をしようにも、相手が審判だけにどうしようもなかった。

 その後、中日は五回に大島康徳さんのソロ本塁打で先制したものの、六回以降は追加点を挙げられず、1-3と逆転負け。試合後、村田審判は「石ころに当たったのと同様のインプレー」と話し、審判に当たればインプレーという認識が広まった。その後、「石ころ事件」として球界に認識されることになる。

 あの時は「何で当たるんだ」と審判を恨んだが、思えば最初から後手に回っていた。シーズン終了からあまり時間がなく、西武の研究、データを頭に入れる時間が足りなかった。投手陣の疲労も完全に取り切れていなかった。コントロールを気にしすぎた投手陣は腕が振れず、よそ行きの投球だったことが、捕手として気になっていた。

 本拠地・ナゴヤ球場で2連敗スタート。しかし、敵地・西武球場で2連勝してタイに戻し、勢いがついてきたところで遭遇した「石ころ事件」。これで完全に流れが止まってしまった。

(中尾孝義/元プロ野球選手)

関連記事(外部サイト)