巨人澤村リリーフ失格で二軍落ち…“崖っぷち”の先発再転向

巨人・澤村拓一が先発再転向 今村信貴、田口麗斗、岩隈久志らとの枠争いで崖っぷちか

記事まとめ

  • 巨人・澤村拓一は守護神候補だったが、実戦で結果を出せず先発再転向となった
  • 巨人は功労者である内海哲也や長野久義も放出しており、澤村拓一も崖っぷちだという
  • 菅野智之、山口俊らが先発当確で、澤村は田口麗斗、岩隈久志らと争うことになる

巨人澤村リリーフ失格で二軍落ち…“崖っぷち”の先発再転向

巨人澤村リリーフ失格で二軍落ち…“崖っぷち”の先発再転向

後方は原監督(C)日刊ゲンダイ

巨人澤村拓一投手(30)が先発に再転向することが26日、正式に決まった。

 守護神候補としてキャンプに臨んでいたが、今季初実戦となった20日の韓国KIAとの練習試合で1回2安打2失点。24日の日本ハムとのオープン戦でも横尾にソロ本塁打を浴び、1回2四球で1失点。制球難もあって原監督に「結果が出てこない。どこかで抜け出して欲しい」と苦言を呈されていた。この日、球団から28日に二軍に合流すると発表があり、その後に原監督が配置転換を明言した。

 昨秋、4年ぶりに復帰した原監督にはもともと、澤村を先発に復帰させる構想があった。しかし、澤村が「リリーフで勝負したい」と志願し、承諾されていた。

 元中大監督で澤村の恩師でもある巨人OBの高橋善正氏(評論家)が「これが最後の機会でしょう」とこう言った。

「なぜリリーフがダメなのか。原因を分かった上で再転向しないと、先発でも成功しません。150キロを超える直球は澤村の武器だが、課題は一にも二にもコントロール。全ての球種がアバウトで行き詰まっています。特に変化球のスライダーやフォークを狙ったところに投げ切る制球力が欲しい。8割の精度が必要。それができなければ、本当に終わってしまいます。先発に転向するなら、常に全力ではなく、メリハリをつけて脱力しながら投球の精度を上げることに専念できるか。急に球種は増えないだろうが、ブルペンで100球投げるなら、80球は変化球の練習をするとか。大きなモデルチェンジが必要。『澤村って変化球投手になったの?』と言われるくらい、今持っている球の精度を上げること。内海や長野といった功労者でさえ、放出されてしまうのが今の巨人。澤村もこれがラストチャンスのつもりで今まで以上に必死にやって欲しい」

 澤村は1年目の2011年に先発として200イニングを投げ、11勝(11敗)を挙げた。先発として4年間で31勝(34敗)。15年からリリーフに転向していた。 

 開幕まで1カ月。先発ローテーションは菅野、山口、メルセデスが当確。ヤングマンも有力となっている。残りの2枠を今村、田口、ドラフト1位ルーキーの高橋、岩隈らが争っている。厳しい状況の中、今季中にある程度の成果を見せられなければ、放出要員か構想外もありそうだ。

関連記事(外部サイト)