イチローが国民栄誉賞を3度目辞退 米国政府の思惑で大統領自由勲章を打診の可能性も

記事まとめ

  • イチローが2001年、04年の2回にわたって授賞が検討された国民栄誉賞を3度目も辞退した
  • 米国で最高名誉の大統領自由勲章はベーブ・ルース氏やテッド・ウィリアムズ氏らが受章
  • 米国政権側が利用価値を認めればイチローに大統領自由勲章の授章打診もあり得るという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております