開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

7回無失点で2勝目を挙げたメルセデス(C)共同通信社

巨人が21日、阪神との平成最後の伝統の一戦を3―0で制した。これで3連勝。1987年の7連勝以来となる阪神戦の開幕からの連勝を6に伸ばした。昨年9月8日から9連勝。甲子園でも昨年7月16日から9連勝と圧倒的である。

 投げては先発メルセデスが7回無失点の好投で、3日の阪神戦以来となる2勝目(1敗)を挙げた。メルセデスは昨季も2勝0敗、防御率0.61と阪神を封じた。今季も虎キラーぶりは健在である。

 試合前までにメルセデスは対左打者.269、同右は.214のデータが出ていた。にもかかわらず、阪神打線はスタメンに4番から右打者を4人並べるオーダーを採用。天敵に対し、弱点を突くわけでもなく、案の定、右の4人は11打数1安打と全く機能しなかった。メルセデスも笑いが止まらないだろう。

 一方、2試合連続の完封勝利に「完封という形にはなったが、気持ちは点を取られている感じもする。次につなげるのが大事」と兜の緒を締めた原監督は、この3連戦を本気で勝ちにきていた。

 初戦の菅野は敵地・甲子園では通算15試合で8勝2敗、防御率1.33。ビジターチームの本拠地では最も成績が良かった。2戦目に登板したヤングマンは昨季3勝中1勝を甲子園で挙げていた。

「この3人を先発で起用したのは、阪神戦を重視しているから。メルセデスにしても10日の中日戦で登板し、翌11日に登録を抹消された。外国人枠の関係で同じ先発のヤングマンと交互に投げるためという理由があるにせよ、お得意さまの阪神戦こそ、できるだけ相性のいい投手を投げさせて、一つも落としたくない。特にメルセデスは、たとえ間隔が1週間以上空こうが、満を持して阪神戦で投げられるよう、あえて一度抹消したのです」(チーム関係者)

■目安は24勝1敗

 巨人にとって“おいしい”のは、阪神は他球団とは対等に戦っていることだ。

 ヤクルト戦は3勝2敗1分け、広島戦は2勝1敗、中日、DeNA戦は1勝2敗と全て1勝差以内の五分に近い成績なのだ。巨人にだけ“従順”なのだから、原監督にとって阪神は、虎ではなく「従順な猫」のような存在だろう。

 巨人にしてもめっぽう強いのは阪神相手のみ。ヤクルト、DeNA戦は1勝2敗と負け越しており、中日戦1勝1敗、広島戦3勝2敗と五分に近い。それでもこの日、貯金5で首位に浮上したのは、まさに“カモ虎”のおかげなのである。

「原監督は、これからも『キラー』メルセデスらをうまく起用しながら、阪神には1敗もせずに貯金を稼ぐつもりです。昨季の広島は82勝59敗2分けの貯金23でリーグ優勝を決めた。あくまで目安だが、他は全て五分でも阪神戦を24勝1敗で乗り切れば、数字上は5年ぶりのリーグ優勝が見えてくるということ。開幕からの巨人、阪神戦のスコアは、9―3、6―3、10―1、12―4、2―0、3―0。接戦すらないことを考えれば、そんな一方的な展開もなくはないかもしれません」(放送局関係者)

 巨人は「令和」になっても、阪神戦を一つも落とすつもりはなさそうだ。

関連記事(外部サイト)