【日本球界 米ドラ1獲得の全内幕・上】19歳“金の卵”スチュワートはソフトバンクの熱意にほだされた

【日本球界 米ドラ1獲得の全内幕・上】19歳“金の卵”スチュワートはソフトバンクの熱意にほだされた

カーター・スチュワート(C)ゲッティ=共同

【日本球界 米ドラ1獲得の全内幕】(上)

 なぜこんな大物を、しかも日本球界が米球界から獲得することができたのか。

 22日、ソフトバンクが昨年のMLBドラフトでブレーブスから1巡目(全体8位)指名を受けたカーター・スチュワート(19=東フロリダ州立短大)と契約合意に達したと、複数の米メディアが報じた。ESPNによると、6年総額700万ドル(約7・7億円)を上回る条件という。

 かつて、全米ドラフトで1位指名された選手がプロ入り前に日本にやってきたケースはなかった。しかも、このスチュワートは6月のMLBドラフトでも上位指名が確実視されていた。

 そもそも日本球界は米球界の言いなりだ。2013年、日米間でポスティングシステムの新制度を作成する際、日本は米国に破談を迫られ、慌てふためいた。結果、青天井だった入札金の上限を2000万ドル(約22億円)とする米国案をのまざるを得なかった。

 4年に1回行われるWBCも図式は同じだ。日本は12年に分配金の増額を求めて参加ボイコットをちらつかせた。しかし、米側に分配金の権利を剥奪すると逆に脅されるなど、日本側はグッズ販売のライセンスの帰属権などを認めさせるのがやっとだった。米球界に隷属した例は枚挙にいとまがない。

■スカウトが継続調査

 そんな状況下でソフトバンクがメジャーの大物アマ選手を獲得できたのはなぜか。

「何より、スチュワート自身が日本でプレーすることを望んでいます」

 とは、さる米メディア関係者。

「ボラス氏は過去にストラスバーグ(現ナショナルズ)の入団交渉時に日本球界入りをチラつかせ、好条件を引き出そうとしたことはあるが、実際に日本の球団に売り込んではいない。ソフトバンクの熱意が彼を口説き落としたのです。ソフトバンクは彼がブレーブスと破談になった直後から、調査を続けていた。日本からスカウト幹部が視察に来たこともある。日本のアマチュア選手と比較し、彼の実力を見極めるためだと聞いています。そうした過程で、スチュワートはソフトバンクの育成方針、施設などに好感を抱いた。ソフトバンクでなければ、日本行きを決断しなかったでしょう」

 今回の件が米球界に波紋を広げるとの見方もある。だが、米国の球界関係者は、頭を振ってこう言う。

「米国が日本との紳士協定を破って強引に日本のアマ選手を獲得するなど、仕返しをすることはないでしょう。米国には日本の100倍以上のアマ選手がいる。スチュワート一人欠けたくらい、痛くもかゆくもありません。それに、米球界は日本球界に対してやりたい放題やってきた。かねて日本を含めたアジア球界は、メジャーの草刈り場と化している。日本のトップ選手はもちろん、韓国にいたっては優秀な高校生がどんどん引き抜かれている。ソフトバンクがスチュワートを獲得したからといって文句は言えない。天に唾を吐くようなものです」

(つづく)

関連記事(外部サイト)