大船渡の佐々木朗希が163km投げるリスク トミー・ジョン手術権威の医師が語る

記事まとめ

  • 最速163kmを誇る大船渡の投手・佐々木朗希について、トミー・ジョン手術権威が語った
  • 135km以上の球を投げると故障リスクが2.5倍上がるとされ、故障率の高さがわかっている
  • また成長期で骨が弱い時期に過度の負担をかければリスクが高まるといい、警鐘を鳴らす

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております