ソフト内部は戦々恐々 米ドラ1右腕スチュワート獲得で燻る“2つの火種”

福岡ソフトバンクホークスにカーター・スチュワートが入団 現場やフロント戦々恐々か

記事まとめ

  • 福岡ソフトバンクホークスに米ドラ1右腕カーター・スチュワートが入団し記者会見した
  • スコット・ボラス氏に勧められ日本球界を選択、6年総額7億7000万円の契約という
  • 6年後はメジャー球団の間で争奪戦になるよう仕上げなければならず戦々恐々とも

ソフト内部は戦々恐々 米ドラ1右腕スチュワート獲得で燻る“2つの火種”

ソフト内部は戦々恐々 米ドラ1右腕スチュワート獲得で燻る“2つの火種”

「チームを助けたい」と言うが……(C)共同通信社

3日、ソフトバンクに入団が決まった米ドラ1右腕、カーター・スチュワート(19)が福岡で入団会見。

「練習して、チームを助けられるよう頑張りたい」と語った。

 スチュワートは昨年ドラフトでブレーブスに1位指名されたものの、契約には至らず。代理人のスコット・ボラス氏に勧められ、日本球界を選択した。6年総額700万ドル(約7億7000万円)の契約だという。

 契約満了後はメジャー移籍が濃厚。敏腕代理人のボラス氏にすれば、「米国に高値で出荷するんだから、育成は任せたぞ」といったところだろう。

 当面は二軍、三軍で経験を積むことになるが……。

「球団としても、相当神経を使わざるを得ないでしょうね。故障は当然のこと、酷使もご法度。スチュワートに何かあれば、『日本の球団は育てるのがヘタだ』とレッテルを貼られかねない。決して無理はさせず、その上で6年後はメジャー球団の間で争奪戦になるよう仕上げなければならない。現場もフロントも、いまから戦々恐々ですよ」(球団OB)

■ポスティング行使か?

 問題はまだある。球団は在籍中の6年間はポスティングを認めない方針だが、契約満了後は同制度を行使するのではないかといわれている。

 ソフトバンクはこの制度を認めておらず、過去に海を渡った城島、和田、川崎はいずれも海外FA権を行使した(井口は自由契約)。しかし、そんな現状に納得がいかない選手もいる。エースの千賀は一昨年から2年続けて契約更改でポスティングを直訴。柳田も過去、「何度も球団にポスティングをお願いしてきた」と、発言している。

 もし、スチュワートがOKで他の選手がダメとなれば、彼らメジャー志願者たちが爆発しかねない。ますますもって、「入札制度を認めろ!」と球団に迫ってもおかしくないだろう。

 戦力どころか、爆弾になるかも。厄介の種にならなければいいが……。

関連記事(外部サイト)