140km投げる中学生投手が台頭する背景 大谷翔平らプロの映像が手軽に見られる環境

記事まとめ

  • 最近は中学生が軟式球で140キロを投げるなど早熟な傾向があるという
  • 現在は動画の普及により、大谷翔平らプロの映像が手軽に見られ、すぐにマネができる
  • 食事の影響で年々選手の体が大きくなっているが、一方で年々体が弱くなっているとも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております