大谷翔平の“兄貴分”エ軍エース左腕スカッグス27歳で急死の衝撃

エンゼルスのタイラー・スキャッグス投手が遠征先で急死 大谷翔平は兄貴分として慕う

記事まとめ

  • 大谷翔平と同じエンゼルスのタイラー・スキャッグス投手が遠征先のテキサス州で死亡
  • スキャッグスの死因などは明らかにされておらず、同日のレンジャーズ戦は中止になった
  • 大谷も移籍1年目の昨季は投球に関しアドバイスをもらい兄貴分として慕ってきたという

大谷翔平の“兄貴分”エ軍エース左腕スカッグス27歳で急死の衝撃

大谷翔平の“兄貴分”エ軍エース左腕スカッグス27歳で急死の衝撃

チームの勝ち頭だった(C)ロイター/USA TODAY Sports

大谷翔平(24)が所属するエンゼルスのタイラー・スキャッグス投手が遠征先のテキサス州アーリントンで死亡した。27歳だった。1日(日本時間2日)に球団が発表した。死因などは明らかにされておらず、同日のレンジャーズ戦は中止になった。

 スキャッグスは今季15試合に登板し、チームトップの7勝(7敗、防御率4・29)をマークしていた左腕。カリフォルニア州出身の同投手は、12年にダイヤモンドバックスでメジャーデビューし、14年にエンゼルスに移籍した。

 150キロ超の直球にカーブ、ツーシームなどの多彩な変化球を武器に、エンゼルスのローテーションの中心を担い、通算96試合(計520回3分の2)で28勝38敗、防御率4・41。明るい性格で、チームの盛り上げ役も務めてきた。大谷も移籍1年目の昨季は、投球に関するアドバイスをもらうなど、兄貴分として慕ってきたという。

 エンゼルスは今季、先発陣の台所事情が厳しいこともあって、首位アストロズと11ゲーム差のア・リーグ西地区4位に沈んでいる。貴重な先発左腕を失っただけに、大谷はこれまで以上にバットで貢献するしかない。

関連記事(外部サイト)