【高校野球 北北海道大会】通信制クラーク記念国際が初の甲子園へ 創部3年目の快挙

記事まとめ

  • 通信制のクラーク記念国際が3-0で滝川西を下し、初の甲子園出場を決めた
  • 佐々木啓司監督が掲げる「スリーライン打法」という打撃理論を同校で導入したという
  • 通信制高校の夏の甲子園出場は全国初だが、野球部員は全日型のコースに在籍している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております