中日・松坂は復帰も“5回限定”…5時間死闘のレジェンドなら鼻で笑う

中日・松坂は復帰も“5回限定”…5時間死闘のレジェンドなら鼻で笑う

五回で降板(C)日刊ゲンダイ

「今の松坂なら合格点だよ」という見方がほとんどだろう。

 2月のキャンプでファンに右腕を引かれ、右肩の違和感を訴え出遅れていた中日の松坂大輔(38)が今季初登板、初先発。5回(91球)を4安打、4四死球、2失点でマウンドを降りたが、若い頃はスタミナ自慢の剛球投手だった。横浜高時代は、ほとんどひとりで投げ抜き、甲子園の春夏を連覇。延長17回の完投勝利や甲子園決勝のノーヒットノーランなども記録し、「平成の怪物」と呼ばれていた。西武入団後は初対決のイチローから3三振を奪い、メジャーのレッドソックスへ移籍すると、いきなりワールドシリーズを制覇。2度のWBC優勝にも貢献した球界の「レジェンド」でもある。

 日本球界に復帰後は故障に苦しみ、昨季は11試合に先発し、55回3分の1を投げ6勝4敗。数字が示すように、今や平均5イニングしか投げない先発投手だ。それでも昔の実績や38歳という年齢から「よくやっている」と評価する声が多いものの、あの「レジェンド」なら、どう思うだろうか。

 14日に終わったウィンブルドン男子シングルス決勝は、フェデラー(37)が約5時間もの死闘の末、ジョコビッチ(32)に敗れたが、コート内を縦横無尽に駆け巡る「レジェンド」のスピードと粘り、スタミナにジョコビッチは脱帽。ファンは「史上最高のテニスプレーヤー」と称賛されるベテランの華麗なプレーに酔った。

 そのフェデラーと松坂との年齢差たった1つ。「5イニング限定」右腕の今季年俸は8000万円プラス出来高払い。この日は「もう1イニング、2イニング投げたかった」とコメントしたが、テニスのレジェンドが実情を知れば、「プロ野球は楽な商売」と鼻で笑うに違いない。

関連記事(外部サイト)