広島カープ好調で「前田健太が退団したおかげ」と指摘も エース不在でチーム活性化か

記事まとめ

  • 広島東洋カープ、今季の好調は「前田健太が退団したおかげ」という指摘がある
  • 20億円の入札金を有効活用し、エースがいなくなったことでチームが活性化したという
  • 入札金のおかげで新外国人4人を獲得できたことも大きかったとの分析も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております