読売ジャイアンツが総額30億円とされる巨大補強も、弱点といわれる捕手は放置

記事まとめ

  • 巨人が史上初のFAでの3人取りなど、総額30億円とされる巨大補強を完成させた
  • しかし、球界全体の捕手難の影響で、弱点といわれる捕手は放置されている
  • 正捕手は小林誠司が有力だが、打撃、リード、捕球、状況判断など肩以外の評価は低い

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております