マ軍・雄星 被本塁打ワースト更新でGMのクビを飛ばす可能性も

マ軍・雄星 被本塁打ワースト更新でGMのクビを飛ばす可能性も

菊池の調子は上向くか(C)ロイター/USA TODAY Sports

マリナーズ・菊池雄星(28)が7日(日本時間8日)のパドレス戦に5勝目(8敗)をかけて登板。初回、1番タティスにフルカウントから甘く入った変化球を左翼スタンドに叩き込まれる先頭打者本塁打を許した。

 前回のアストロズ戦では4本塁打を浴びて6失点。この日の試合の前まで23試合で、被本塁打28はアストロズ・バーランダー(29本)に次いでメジャーワースト2位だ。後半戦は4試合で9発を浴びているように、ここにきて被本塁打は激増。今後も中4日のローテ通りマウンドに上がれば、残り9試合。後半戦のペースで一発を浴び続ければ、最終的に48本塁打を許す計算になる。過去10年間ではメジャー最多となり、2004年にモイヤーが記録した44被本塁打を抜いてメジャーワースト記録を更新しかねない。

「菊池に一発が多いのは単調な投球に加え、空振りを取れる高めの直球の威力とキレがないためです。疲労もあって球威が低下し、変化球が効果的に使えず、相手打者に見極められたり、完璧に捉えられるケースが目立ちます。今後、上積み、修正は期待できず、シャットダウンしない限り、被本塁打数が積み重なるだけでなく、防御率(5・49)も悪化するはずです。球団としては今季は試運転と位置付けていましたが、来季に向けた光明が見えなければ、菊池を獲得したディポトGMの責任問題に発展するのではないか」(スポーツライター・友成那智氏)

 15年9月に就任したディポトGMは補強の失敗が少なくない。昨オフはチーム再建を図るため、エース左腕パクストン(現ヤンキース)ら、投打の主力を相次いで放出。見返りに獲得した選手、特に野手は期待を裏切った。打撃はともかく、14失策のベッカム遊撃手(前オリオールズ)、12失策のサンタナ外野手(前ブルワーズ)、8失策のクロフォード内野手(前フィリーズ)ら移籍組の拙守もあり、チーム失策数107個は30球団ワーストだ。

 菊池も移籍組のひとり。最大で7年総額約120億円の大型契約だけに不振から脱却できなければ、GMの首筋は寒くなりかねない。

 対パドレス戦の菊池は五回を投げ、4安打1失点で勝利投手の権利を持って降板するも、六回に同点に追いつかれ5勝目とはならなかった。試合はマリナーズが3対2で勝利。

関連記事(外部サイト)